ホーム


=都内の桜(4月1日)=2015年4月5日記


4月1日水曜日 天気は曇りだったが都内へ桜見物に出掛けた。

渋滞がなければ1時間で行けるところ1時間半かかった「六義園」近くのパーキングに車を預ける。
六義園のしだれ桜 テレビや新聞で見たのとイメージが違う。 昨日の風で少し散ったらしい。
庭園を一周して次は靖国神社を目指すが靖国の近くは駐車場が無く 東京駅八重洲地下駐車場へ入れる。
大丸デパートで昼食を食べると駐車時間を稼げる。

丸の内口から皇居へ、私は皇居の中へ入るのは初めてだった。大勢の方が散策している。
お堀の内側を半周して千鳥ヶ淵緑道から靖国神社へ。やはり千鳥ヶ淵の桜は素晴らしかった。
靖国神社を出る頃小雨が降ってきたので近くの東京メトロ九段下駅から地下鉄に乗って東京駅へ。


皇居 内堀の写真
     

以下3枚は千鳥ヶ淵公園・緑道で






靖国神社 気象庁東京の桜開花日を決める標本木。  普段は静かな神社も桜見物と参詣の客で賑わっていた。


翌日4月2日木曜日 晴天 都内西早稲田に住んでいる友人が神田川の桜並木が満開だから とお誘いがあって出掛けた。
ボリュームいっぱいの花が両岸から水面すれすれに伸びている。
やっぱり桜は青空が良い。都電荒川線がすぐそばを通っている。






=昭和記念公園 さくら満開(4月6日)=2015年4月12日記


今年は春の天候が定まらない。曇りや雨の日が多く外出する気分ではない。
都内の桜は無情の雨風であらかた散ったが、都心より4〜5日から1週間遅れて開花する西多摩地方の桜は未だ満開状態です。

4月6日月曜日晴天 このチャンスをのがせない。最寄りの西立川駅まで電車20分。昭和記念公園に出掛けた。
明日から又天気が悪くなると天気予報。




     




左 しだれ桜ではないのに枝が地面にくっつく位広がっている。 ゆっくり休めるベンチも沢山ある。


チューリップの見ごろはもう少し先です。



=花の寺龍珠院と光厳寺山桜(4月12日)=2015年4月19日記


あきる野市五日市 乙津地区は4月中旬 ソメイヨシノ・しだれ桜・ミツバツツジ・菜の花など咲き誇る春爛漫の風景が見られる。

その中心が花の寺と言われる龍珠院です。約600年ほど前に開創されたという臨済宗のお寺です。

久しぶりに晴れた4月12日日曜日は丁度見ごろだった。年々訪れる人も増えている。




     







バスで4駅位戻り「戸倉バス停」下車。上り坂を10分位歩いて「光厳寺こうごんじ」の山桜を見に行く。

足利尊氏が創建したこの寺院にあるヤマザクラは、東京都の天然記念物にも指定されています。
樹齢400年幹周り5.33m枝東西25m南北18m都内のヤマザクラとして一番大きな老巨樹です。

以前といっても10年以上も前来たとき地元の方に聞いた話。
何年か前の台風で主幹が途中から折れてしまったそうです。折れなければもっと立派なヤマザクラ。
樹齢400年の割に高さがないのは幹が折れたことと斜面に生えているので(右の写真)で分かります。
柵の向こうは崖です。



真言宗建長寺派、鷲峰山。建武年間(1334〜1338)足利尊氏が擁立した「光厳寺」周囲には立派なミツバツツジがあちこちに。