ホーム


=シルバーウィーク広島・宮島母娘3人旅@(9月19〜21日)=2015年10月30日記


「9月19日(土)半日だけの仕事で広島へ行く。連休だし姉(私の長女)も誘って一緒に観光しよう」と次女から誘いがあった。
中年になった娘2人と元気で旅が出来るのもも滅多にないことだしと話に乗った。
広島は何度か訪れているので私がプランを立てることに。

まだ50代になったばかりの娘たちはジパング割引は使えない。
日本旅行「新幹線&宿泊セットプラン」が一番安い。
(1泊と新幹線代で3万5千円位の料金です。広島まで片道新幹線1万9千円位かかる。)

1日目は広島市内の宿を希望していたが無くて 宮島シーサイドホテル(2食付)が取れた。
2日目はオプションで広島平和公園に近い「ANA系列のホテル」がぎりぎり(1室は喫煙室)予約出来た。
1泊朝食付きで@14.500円 高いけど仕方ない。

出発1か月前の新幹線切符発売日、旅行社から連絡があった。「希望する指定券が取れない。別の時間帯に変えてくれないか」と。
約束の時間があるから困ると言ったらグリーン車の喫煙車両なら取れると。3,500円位高くなるがこれも仕方がない。帰りは普通指定席。
旅行社への割り当て数に限りがあるらしい。クレジットでの引き落としでチケットは郵送。切符を買いに行く手間もかからない。

このことで「シルバーウイーク」という言葉を初めて知った。
敬老の日があるからシルバーではなく、ゴールデンウィークに次ぐ5連休だからということ。

さて当日9月19日土曜日シルバーウイーク初日だった。我が家から東京駅まで1時間半遅延することなく予定通り東京駅に到着。
東海道新幹線南口改札口でしたが「フリーですから切符を入れないでどんどん進んでください。出るときは有人改札でお願いします」
と駅員さんが声を張り上げている。人の流れがよどむことなく新幹線改札口に流れ込んでいる。

連休や盆正月に新幹線に乗ったことがなかった私が初めて目にした光景でした。
グリーン喫煙車両家族連れが乗っていたり喫煙する方はそれ程いなかった。自由席はものすごく混んでいたらしい。

東京8:40発広島駅着12:40分 次女と一旦別れ 長女と二人山陽本線に乗り換え岩国を目指す。 

広島12:51→13:43岩国 
駅コインロッカーに荷物を預け バス20分錦帯橋へ。
↓ 錦帯橋 相変わらず美しい姿です。この日は岩国城まで上ったので上から眺めた錦帯橋の写真もあります


橋の下からの写真           ロープウェイ頂上から眺めた錦帯橋


ロープウエイ頂上から、蛇行した川と瀬戸内海が良く見えた      山城の岩国城






岩国17:23→17:45宮島口 

宮島口から宮島へ 所要時間約10分の連絡船に乗り宮島に着いたときは夕日が沈むところでした。写真左 
この後仕事を終えた次女と合流。部屋食の食事を済ませ再度港まで送迎してもらう。 
夜8時ころ出発の「ナイトクルーズ」でライトアップの大鳥居へ接近しました。(ナイトクルーズ@1,600円)




=シルバーウィーク広島・宮島母娘3人旅A(9月19〜21日)=2015年11月15日記

広島2日目 9月20日(日)

宮島の宿は船着場から車で10分位のところにある。朝の散歩に出た。小さな漁港があり舟が出入りしている。
数頭の鹿に出会う。人間の餌やりは禁止なので鹿はひたすら草を食む。空地の草はきれいに食べ揃えてある。
右の写真は、牡蛎の養殖に利用するホタテの貝殻が出番を待っている。




混みだす前にとゴンドラ・ロープウエイを乗り継ぎ獅子岩展望台へ。 ここまで来たら弥山に登らねばと片道1時間の山登り頑張る。



↓ 弥山(535m)の頂上は(途中も)奇岩だらけ。弥山の地質の花崗岩が風化して生まれたとのこと。





再び下界に戻って厳島神社にお参りする。海の中に建つ寝殿造り  世界遺産にもなり あまりにも有名になりました。
シルバーウィーク2日目天気も晴れ、神社も商店街も弥山ロープウエイも国内外の観光客であふれています。




豊国神社(千畳閣)豊臣秀吉が戦没将士を慰霊するため建立。正面46.6m 側面28.2m
広いワンルームで天井が高い。残暑が厳しい日だったが板の間や縁側で皆は、思い思いにくつろいでいる。


午後 千畳閣で時間をつぶし 予約してあった 宮島15:20→16:05平和公園着の小型の高速船に乗って広島へ向かう。世界遺産航路
元安橋のふもと「もとやす桟橋」着の「世界遺産航路」です。宿泊のグランプラザホテルも近い。 

宮島フェリー〜JR宮島口〜広島駅〜平和公園というコースより海からそして川をさかのぼり直接平和公園に横付けするこのコースはお勧めです。


広島 3日目 9月21日(月)
「広島平和記念資料館」9時過ぎに入館したが、すでに多くの観覧客が入館していた。
何度訪れても70年前の広島を思うと心が痛む。でも何度でも訪れた方が良い。(入場料50円)
たった1発の原子爆弾で広島が壊滅したことを忘れてはいけない。
娘たちも頭では理解していたことでも実際にその現場の写真や資料を実際に見ることでその思いは強くなっている。



原爆の子の像 と千羽鶴


↓ 平成8年核兵器の惨禍を伝える建築物として世界文化遺産に登録された原爆ドーム 
↑ この船が「世界遺産航路」海の上は高速で 川はゆっくりと

平和公園〜原爆ドーム〜広島城〜縮景園〜お好み(焼)村〜広島駅

広島城は眺めるだけにして 近くの日本庭園「縮景園」散策する


広島の〆は「広島風お好み焼き」