ホーム


寄り道して東京から大阪堺実家へ

=新東名〜名古屋〜奈良〜堺=2014年2月9日記

2月1日から3日間 法事で堺の実家へ車で出掛けた。
以前は中央自動車道〜名古屋市内経由〜東名阪というコースだったが
最近は車線幅が広くカーブも少なく快適な「新東名高速道〜名古屋湾岸道路〜東名阪」を利用している。

2月1日土曜日 朝6時出発

圏央道あきる野IC→中央道・大月〜河口湖〜国道139号(朝霧高原経由)〜新東名高速 新富士IC〜
浜松JCT〜東名高速三ヶ日JCT〜豊田JCT〜湾岸自動車道〜東名阪自動車道〜亀山IC〜
一般道(信号のない車のみ通行 伊賀上野経由)天理IC〜西名阪〜松原JCT〜阪和道 堺IC    

6時40分頃 河口湖インター辺りの富士山 朝日にほんのり染まっている。



↓ 名古屋湾岸は海のそば 木曽川や長良川その他沢山の川を渡るのでカラフルな橋が目を楽しませてくれる。↓


↓ 新東名高速道路 ほぼ静岡県を横切る お茶畑が多い。 ↓ 名古屋湾岸辺りはややこしい。自分たちの進む方向は?    

静岡SA 御在所SA休憩 12時半天理インターを出て奈良公園に向かう。

奈良に来るのは何十年ぶりという夫と約4時間「奈良お上りさんコース」を歩く。

春日大社駐車場〜東大寺大仏殿〜浮見堂〜興福寺〜南円堂〜猿沢の池〜春日大社〜若草山〜駐車場

↑  東大寺 大仏殿  右 南大門  ↓ 大きい!大仏様の正面と横顔

猿沢の池から見た興福寺五重塔と南円堂       右 鷺池の浮見堂  

春日大社


左 奈良公園の鹿 のんびりひなたぼっこ  中央 東大寺付近観光客に鹿せんべいをねだる  右 山焼きした若草山と鹿達


=往きは東大寺 帰りは法隆寺へ寄り道=2014年2月16日記

2月1日から3日間 法事で堺の実家へ車で出掛けた。
以前は中央自動車道〜名古屋市内経由〜東名阪というコースだったが
最近は車線幅が広くカーブも少なく快適な「新東名高速道〜名古屋湾岸道路〜東名阪」を利用している。

2月3日月曜日 朝8時堺の実家出発 9時前には法隆寺駐車場に。観光客としては1番乗り?
奈良はすっぽり霧に包まれていた。いやこの日は奈良だけでなく全国的だったらしい。

↓ 法隆寺正面中門(入り口は左端に)の向こうに五重塔と金堂  左の写真は正面から 右の写真は後側から撮った金堂と日本最古の五重塔



↓ モノトーンの風景ににサザンカがの赤が目立った大宝蔵院への道 「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」正岡子規の句碑↓


↓ 8角形の夢殿(739年建立) 右写真 夢殿とは反対側西端小高い丘にある西円堂から撮った五重塔 絵になる風景です。  

法隆寺 多くの国宝仏像や建造物もっとゆっくり見ていたかったが・・・先をせかされて
斑鳩から西の京へ約20分 薬師寺駐車場(10時30分着)

左 金堂1976年再建 中央 西塔 1981年再建 右 大講堂2003年再建 
みんな近年の再建なので実物はもっと明るい色です。
唯一東塔は焼失を免れ1300年前の姿をとどめている。
残念ながら現在解体修理中(2009〜2018)すっぽり覆われて姿を見ることが出来なかった。



薬師寺から唐招提寺へは徒歩15分と割合近い。
唐招提寺金堂は奈良時代建立の国宝。 10年にわたる解体修理の後2009年落慶法要。
ここでも千手観音を初め奈良・平安時代の国宝仏像を沢山見せて頂いた。



唐招提寺 左 御影堂  中央 鼓楼  右画像のみ薬師寺駐車場そばのサザンカ

駆け足拝観を済ませ 奈良を後にしたのは12時頃。
御在所SAで遅い昼食。 浜松SAでガソリン補給。
天候は1日中曇り空でした。午後4時過ぎ新富士インターを出た頃富士山が姿を見せてくれた。
朝霧高原道の駅に車を止め 日没前の富士山を撮ることが出来た。


=奈良長谷寺・橿原神宮(12月6日)=2014年12月14日記

12月6日(土)夫の運転でいつものコースで大阪堺の実家へ出掛けた。

朝5時自宅発→圏央道あきる野インター〜中央道〜河口湖IC〜国道139号(富士の裾野を半周)
〜新富士IC〜新東名高速〜三ヶ日ジャンクション〜東名高速〜豊田JCT〜伊勢湾岸自動車道
〜四日市JCT〜東名阪自動車道〜亀山IC〜名阪国道(無料)〜針インターを出て
「長谷寺」と「橿原神宮」を訪れた。

家を出て2時間弱 朝日に映えた富士山(新東名高速に入る手前あたり)     伊勢湾岸道に吊り橋のような「斜張橋」が3ヶ所ある。


花の寺と言われる「長谷寺」何十年振りかの再訪です。紅葉も終わりかけだったが 何とか間に合ったような・・・


入口の仁王門から本堂までは399段の登廊(のぼりろう、屋根付きの階段)を上る。


紅葉も五重塔も美しい


長谷寺の境内を一望


長谷寺から30分余り橿原神宮着 師走の土曜日だったが参拝客も少ない。


新年の準備も整っている。



橿原神宮から(天理インター)西名阪道路に戻らずに南阪奈道路を通れば堺ICが近いのが分かった。
15時30分に泉北ニュータウンの実家に到着。
今回3人旅でした。ナビも車の運転も娘に助けられた部分も多かった。


=木曽路経由で帰宅(12月8日)=2014年12月21日記

12月6日(土)夫の運転でいつものコースで大阪堺の実家へ出掛けた。

途中奈良長谷寺や橿原神宮に寄り道。 翌日曜日法事を済ませ、翌々日月曜日の帰宅は行きとは違うコースを通った。

名古屋から中央高速道へ 中津川ICを出て国道19号中山道を走る。
間近に見える山々が2〜3日前降った雪でまぶしい。



馬籠はパスして妻籠宿駐車場に車を駐めて歩く。シーズンオフで観光客も少ない。 昼食にそばと五平餅を食べる。


石をのせた屋根の雪は融けていない。   軒下につるされているもの 藁でくるんで干し柿をつくっているのか?


次に立ち寄ったのは、「道の駅木曽福島」国道19号沿では唯一木曽御嶽山を望める場所です。地元野菜など買い込む。

国道19号から中央道への接点は少ない。
そのまま真っ直ぐ塩尻へ行く方法もあるが、木曽から伊那谷へ抜ける最短ルートで向かう。
昔は峠越えだったが10年ほど前「権兵衛トンネル」(木曽山脈を抜ける全長4,467mのトンネル)が出来て快適な山越えでした。

 大分離れているが道の駅から御嶽山の頂上が見える。  長いトンネルを抜け伊那側へ出ると南アルプスの山がもっと白く美しい。


夕方の中央道も快適 八ヶ岳もよく見えたが写真はない。かろうじて夕景の富士山 ↓