ホーム

2013年普門寺さくら・多摩森林科学園サクラ保存林・ミツバツツジ


=春爛漫 普門寺の桜(3月26日)=2013年3月31日記

東京の桜の開花が3月半ばに発表された。
東京郊外の我が西多摩地方でも記録的に早い満開を迎えました。
下の写真は先週3月26日火曜日晴れた日に写した町内の普門寺の桜です。
(去年アップした普門寺の桜は4月12日撮影です。)





=多摩森林科学園サクラ保存林&今熊山麓ミツバツツジ=2013年4月7日記

久しぶりに晴れた4月4日(木)午後 
ちょっとしたドライブ気分で高尾にある多摩森林科学園へサクラを見に出掛けた。
近くに多摩御陵 八王子城趾が有り 高尾駅からも近く桜の季節は、大勢のお花見客が訪れます。
私はいろいろな種類のサクラが咲いているというのは知っていたが今年が初めての訪問です。

多摩森林科学園は、東京都八王子市にある森林・林業・木材産業に関 する試験研究機関である。
組織としては、独立行政法人の施設にあたる。施設の一部は一般に公開されているが、入園料(桜の季節は400円)がかかる。
(サクラ品種の研究 都市近郊林の研究 生物多様性の研究 森林環境教育の研究)
サクラ保存林・・・農林省のサクラ対策事業の一環として1969年に設置された。
江戸時代から伝わる栽培品種や各地の名木など多数のサクラの接ぎ木クローンが約600ライン収集され総数約1300本植栽されている。
咲く時期は種類によっていろいろで2月下旬から5月上旬にかけて順次見頃となる。(HPより)


サクラ保存林のゾーンは写真でご覧のように丘陵地で 山あり谷あり写真を撮りながら約2時間、
ちょっとしたハイキングとなりました。
ここのサクラは下から見上げるよりも 上から見下ろせるサクラが沢山見られ良い景色でした。








帰途寄り道して毎年この時期訪れている「今熊山麓のミツバツツジ群生地」へ。麓の今熊神社



ミツバツツジは丁度見頃でしたが午後3時という時間、花の斜面が半分日影になっていて同じ花なのにこんなに色が違って写る。