ホーム

2013年日帰り 横浜・春日居・スカイツリー


=横浜港 大さん橋=2013年7月14日記

7月7日日曜日 神奈川県民ホールへ出掛けた。
平均年齢74歳、伝統あるWグリークラブOBの方達の歌声は素晴らしかった。

会場から山下公園は近い。
横浜港大さん橋へ足をのばした。海からの涼風で暑さも少ししのげて さん橋の先端まで歩いた。
幅70m 長さ430mの国際客船ターミナル 2階や屋上の床は、木材を使用したウッドデッキ仕上げ。
屋上には、天然芝が植わっていて暖かみのある大さん橋です。大型客船は停泊していませんでした。
青い空(入道雲)と青い海・大小の船 夏の横浜港の風景は心に残る。

山下公園から写した大さん橋方面    大さん橋2階屋上の芝生


さん橋より左方面を見る 赤レンガ倉庫・みなとみらい方面          右方向には ベイブリッジ

この日の写真は少ししか撮らなかったので、何年か前横浜港の夜景を
撮ってこられた近所のKさんに横浜夜景画像5枚を提供して頂いた。

↓ 左 みなとみらい地区  右 豪華客船 「飛鳥」が停泊中


↓ 左 赤レンガ倉庫  右  ランドマークタワー他


↓ 左 帆船日本丸メモリアルパーク  右 みなとみらい線日本大通り駅への道


=春日居の桃=2013年7月21日記

7月16日火曜日
毎年この時期、山梨県笛吹市の友人宅へ(その知り合いの桃農家へ)「春日居の桃」の買い出しに行く。
数日前39度を記録した甲府盆地 この日は前日までの暑さが少し和らいだので助かった。

甲府盆地のほぼ中央に位置し南東に笛吹川が流れている春日居町は水はけのよい中性土壌、
日照時間、少ない雨量、寒暖差があること、など桃の栽培に理想的な条件が揃っています。
完熟の春日居の桃は1級ブランド品で、当たりはずれが無くおいしい桃です。 

久しぶりのドライブで、天気は曇り。 笹子トンネルを通るのは1年半ぶりくらい。写真は下り車線ですがそっと手を合わす。


4月初めピンク一色の季節に摘花 実がなると摘果 袋掛け 収穫前に袋をはずし太陽に当てる等々手間暇かかる。
桃の木はしっかり太い。1本の木に何十個?何百個?
品種の違う桃 収穫時期がずれているので、7月初めから8月末まで忙しい桃農家です。


↓ 車で近くの「笛吹川フルーツ公園」に案内して頂く。連日の暑さで観光客も少ない。

↓ 園内で見つけたフルーツ プラム・ネクタリン・ぶどう その他リンゴ・サクランボなど

↓ フルーツ公園は小高い丘にあるので 晴れていれば富士山や南アルプスがよく見えるがこの日は視界がよくない。
友人夫妻宅にはその農家からきず物や規格外などの桃が届く。それを「ジャム」や「コンポート」に加工する。
ジャムや瓶詰め果物になるまでとても手間がかかり殺菌もしっかりされている。そんな瓶詰めを沢山戴いて帰る。
そんな手作りのおいしい「桃ジャム」 ヨーグルトや食パンにぴったり!



=曇り空のスカイツリー=

7月24日水曜日、都内「錦糸町駅」と「押上駅」の中間にある病院へ夫婦で見舞いに出掛けた。
都内へ車で出掛けるのは久しぶりだという夫はカーナビの必要もないくらい地理も詳しい。

2時からの面会時間には間があるので「スカイツリー」を間近に見ようと車を走らせた。
地下駐車場への進入路があったので車を降りて眺めることにした。

天気は曇りのせいか観光客は多くない。展望台へ直ぐ上れそうだったがその気はない。
とにかく写真を撮ろうと、全体がカメラに収まる位の場所へ歩く。

駐車料金30分350円の範囲でと思っていたので写真を撮っただけで終わったスカイツリー見物でした。
天気も悪かったしこの後小雨が降り出した。