ホーム

=2012年あきる野散歩まとめ=


=あきる野・雪景色(1月24日火曜日)=2012年1月29日記


前夜8時頃から雪が降り出し11時頃には止んだ。積雪5センチ位?
朝、雨戸を開けたら庭の雪景色が朝日に輝いてきれいだった。

地元では滅多に見られない晴天の雪景色 雪が融ける前にとカメラを持って朝8時に家を出た。

↓ 先ず家から徒歩10分弱の秋川へ。写した場所は崖で高い所 いつもと違うパノラマ風景が広がっていた。
遊歩道へはそこから細い階段を下りる。柔らかい雪が積もっていたので階段は滑ることはなかった。
台風や大雨の時は遊歩道まで水があふれることもあるが、冬枯れの今 流れる川幅は狭い。


↓ 左写真 遊歩道を上流に向かって歩く 奥多摩の山々いつもよりくっきり。土手の植え込みはツツジ その外側は桜並木
   右写真 土手の外に水田がある。秋刈り取られた稲の株から新しい芽が出て一面緑になっていた。 それも枯れて雪の下


↓川から離れて秋留台地へ向かう。東秋留駅と秋川駅の中間あたりの小さな踏切 左五日市方面 右東秋留方面 
踏切を渡ると秋留台地で野菜畑が広がっている 坂を登ってきたので南西方向に富士山も見える。


↓乾いた大地に恵みの雪  白菜と梅の木と大岳山      畑の中の建物はあきる野市役所        ブロッコリー畑の向こうは植木畑


更に足を伸ばして私の好きなメタセコイア並木へも足が向く。






=払沢の滝・檜原村(2月1日水曜日)=2012年2月5日記


庭先のバケツの水が毎日厚い氷を張る。寒い日が何日も続き「払沢の滝」の氷結が気になってきた。

2月1日水曜日 自宅から車で40分位で払沢の滝入り口到着。駐車場に車を駐めて10分位歩く。
1週間前に降った雪、滝への山道は「おがくず」が撒かれていたので滑ることはなかった。
夏の滝とは様子が違う氷結滝、真ん中の薄いところあたりの表面は凍っているが裏側は水が流れている。
この日の結氷度は90%位?



↓ 左写真 奥多摩の山は杉の木が多い。1週間経っても雪は木に残ったまま  右写真 夏の滝はスマートなのに 凍ると下ぶくれになる。 


↓滝全体の写真より部分の写真の方が面白い。


駐車場へ戻ったのが10時40分。檜原街道を更に40分走り「三頭山の麓にある三頭大滝を見るため都民の森」へ。
駐車場の開いていた売店で聞くと三頭大滝まで往復1時間とのこと。冬場バスも来ないし都民の森も開店休業の様子。
我々と同じように凍った滝を見に来る観光客はぽつりぽつりいます。
雪の道を20分 すでに標高1080mのあずまやから少し先 「滝見橋」到着。
滝は完全凍結していたが周りの雪が邪魔して滝の凍った様子はよく分からない。払沢の滝に比べて画像としては期待はずれだった。



滝は期待はずれだったけれど雪の上を歩けたのに満足した我々です。帰りは奥多摩・青梅経由で3時頃帰宅。




=枯れ草野焼き(2月4日土曜日)=2012年2月12日記


近所の河原での野焼き記事を保存するのを忘れて次の記事を上書き保存してしまった。
写真はフォルダに残っているが元の文章は消えてしまったので画像のみアップし直す。











=五日市・龍珠院 他(4月15日)=2012年4月22日記

「天照山 龍珠院」 (開山1363年本堂は焼失1792年再建)
知る人ぞ知るあきる野の奥座敷五日市にある花の寺です。
私は知らなかったのですが前日にひょんなことから知り、昼までに帰るならと夫が車を出してくれました。

4月15日(日)武蔵五日市駅からバス15分とあったので我が家から車で30分位。
バス停からも遠くない山里の傾斜地にサクラやミツバツツジなどの花に囲まれてその寺は佇んでいた。
季節を変えて訪れたい雰囲気がありました。









↓ 帰り道 今熊山山麓に寄る。毎年のように訪れているミツバツツジを見る。



↓ 都立小峰公園(五日市)のさくら。山道の両側にサクラ並木  山桜が多い。




=近所のさくら(4月12日)=2012年4月22日記


わざわざ電車に乗って遠くの桜を見に行かなくても近所の立派な桜が満開になった。

↓ 自宅から徒歩10分位 秋川のほとりにある4本の桜です。近くの遊歩道沿いに植えられた桜並木があるがそれらとは別格の桜です(4月12日写)


↓ こちらも自宅から10分東秋留駅近くの「普門寺」の桜。4月12日丁度満開だった。



=4月28日満開!近所の八重桜=2012年5月13日記


「川向こうのグラウンドの八重桜が満開だよ」と友人が教えてくれた。
「え!川の向こう側に桜の木があったっけ?」歩いても30分とかからない距離です。

4月28日土曜日午前自転車で出掛ける。
秋川こちら側の土手沿いのソメイヨシノは今は新緑のグリーンで所々薄いピンクの八重桜が色を添えている。
友人の教えてくれた向こう側の八重桜は秋留橋を渡った対岸にあります。
河川敷のサッカー場では小さい子供達が練習をしていた。


土手の外側の野球グラウンドの周りに濃いピンクの八重桜が20本位?樹は大きくないが・・・

1輪1輪は淡くても1本の木に纏まると濃〜いピンク色。


↓ 八重桜と八重ヤマブキ お日様に映えてどちらもボリュームたっぷり。

↓ 両方ともタンポポ?

めずらしい。レンゲ畑ではなかったがあぜ道に咲いていた。 



=近所を歩いて写した花=2012年6月10日記


6月8日金曜日 (翌土曜日は1日雨が降り関東地方も梅雨入り)
晴れて暑かったが写真のネタ探しで近所を歩き回った。
普段は見過ごしている道ばたの花、案外面白い写真が撮れた。
最後は五日市線多摩川鉄橋の電車を撮ってUターン。カメラぶら下げ往復1時間半のぶらぶら歩きだった。



↓アジサイは満開にはちょっと早い。


↓ 空き地に1本だけ生えている栗の木 今年は花がいっぱい付いている。写真を見ただけでその匂いが迫ってくるようだ。


↓近くの大通りの歩道側にハナミズキの並木がありその足元に植えられているサツキの植え込み。丁度満開の季節です。


↓旧家の生け垣 きれいに刈り込まれ正に新緑の季節 輝いている。

↓誰も住んでいないた朽ちかけた小さな借家、その庭一面にピンクの花が・・・

↓ここは多摩川土手(左側)内側にある遊歩道。右側に川が流れているが、木々と背の高い草に阻まれ 対岸も見えない。
写真はないが、桑の大木 実が食べ頃の季節 小鳥が沢山寄ってきている。地面にも実がいっぱい落ちている。

↓遊歩道の両脇 こんな可憐な花も。たんぽぽの綿毛の模様 画像で見るときれい。

↓橋脚は草で見えないのは残念。鉄橋を渡って拝島方面へ向かう武蔵五日市線電車 連写で撮った1枚です。


=近所を歩いて写した花(2)=2012年6月17日記


6月13日水曜日 梅雨の晴れ間の晴天でした。先週に引き続きご近所歩きです。
来週は安いフリー切符で東北へ出掛けます。
三陸のきれいな海岸を撮ってこようと思っていますが残念ながら台風と梅雨前線の影響で天気は下り坂(^_^;)


↓ このタチアオイ 花びらに切り込みが入って、ピンクの濃淡とフリルが優雅です。種が飛んできて勝手に・・と家主。


↓ 道路を歩いているといろいろな種類のアジサイに会う。ガクアジサイもいろいろ。

↓ 坂を上がると「秋留台地」です。専業農家から市民菜園まで種々の野菜畑がありますが、これからのシーズンはトウモロコシが最盛期です。


↓ 麦の種類の名前は分かりませんが「麦秋」を迎えています。ジャガイモの花もかわいらしい。


↓ 猫の額の我が家の菜園。この他インゲン・ゴーヤ・ピーマン・里芋が植わっている。初収穫のなす。シソの葉は今はきれい。



=紅葉の奥多摩周遊道へ(11月16日)=2012年11月25日記


11月16日晴れ晴れの金曜日
  9時自宅出発〜五日市〜檜原〜奥多摩湖〜青梅〜あきる野自宅3時帰着と
身近な観光地 奥多摩周遊ドライブに出掛けた。

↓ あきる野市十里木(じゅうりき)周辺 「石舟(いしふな)橋」あきる野市の紅葉スポットですが紅葉には早かった。

↓ 十里木より45分 ここは「東京檜原都民の森」駐車場 
散策コースは色々ありますが落葉していると言うことでトイレを借りただけになりました。
駐車場のそばの3本のモミジが今まで見たこともない真っ赤な色だったので駐車場のガードマンさんに聞いたら
「毎年見ているがこんな真っ赤に色づいたのは初めて見た」とおっしゃっていました。黄色は反対側の山の斜面。


↓都民の森(檜原村)からしばらく走ると峠を越え奥多摩町になります。
五日市の山も青梅の山も植林された杉が多いですが、奥多摩の山々は殆どが落葉広葉樹でこの季節は素晴らしい紅葉・黄葉の連続です。奥多摩湖を見下ろせる駐車場からの写真。


↓ 奥多摩湖(小河内ダム)の風景。堰堤など散歩しました。天気良し 黄葉真っ盛り大勢の観光客が訪れていました。





この後青梅の御岳渓谷で食事をと思いましたが、どの駐車場も超満員で御岳渓谷を歩くのも食事するのもあきらめました。


=地元 あきる野の紅葉(11月25日)=2012年12月9日記


11月25日 日曜日 雲一つない暖かな小春日和です。
五日市の紅葉を見に行くにはこの日しかないと急遽一人で出掛けた。
目的の秋川渓谷は、同じ市内といっても我が家からJRで終点武蔵五日市駅まで15分
駅前から出ている檜原方面行きバスで15分のあたりです。
「荷田子(にたご)」下車ここから1時間ちょっとの山里を歩き十里木(じゅうりぎ)バス停へ出る。

↓ このあたりは「乙津花の里」といわれ春4月付近一帯が桜やミツバツツジ等の花に包まれる。
   今年春4月15日夫と車で訪れている。秋に来るのは初めてで下の写真は「龍珠院」付近の写真です。


↓ ↑ 真っ赤に色づいているのはミツバツツジの紅葉です


↓ こちらはモミジの紅葉です。

15分位歩くと小さな集落にこぢいわんまりした「五柱(いつはしら)神社」がある。階段を上り狭い境内の杉は大きい。
「樹齢400年 樹高52m 幹周り8m東京都一といわれ市の天然記念物になっている」
遠くから見ても周りの樹木よりひときわ背が高くぬきんでている。


クマの目撃情報の立て看板もあったけど山歩きではなく 集落そばの山里歩きはのんびりと楽しかった。


↓ 最後に「秋川渓谷一の絶景石船橋」を写し十里木バス停へ。石舟橋はその10日前奥多摩ドライブの時立ち寄っている。





海と島からの日の出のように見えますが 標高2,700m八ヶ岳の硫黄岳山荘からの日の出と雲海。
(去年10月16日午前5時47分)夫が写してきた八ヶ岳縦走の時の写真です。


今年もHPの更新頑張りますのでよろしくお願いします。(2013年1月1日)