=2008冬 安曇野風景= 

1月14日(月)成人の日 連休最後の日 松本行き「あずさ号」車内は空いていた。
車窓から見える南アルプス 八ヶ岳連峰は真っ白に輝いてきれいだった。特に甲斐駒ヶ岳はいつも目立つ。

昼食に立ち寄った安曇野郊外そば処「常念」の庭には、2〜3日前に降った雪が残っていた。(写真下左)
大王わさび園 周囲は冬枯れだったが清流のわさびは青々していた。水車には氷が張り付いている。
  


安曇野には白鳥の飛来地が2ヶ所ある。カモが沢山いる方は「御宝田遊水池」もう一個所は「犀川ダム湖」
どちらも餌付けの時間には早かったのでコハクチョウは少なかった。昼間は近くの田んぼに出かけているらしい。


=新穂高ロープウェイ(1月15日)=    

1月14日 安曇野で白鳥を見たあとは、一路奥飛騨温泉郷へ。
新穂高温泉「穂高荘山のホテル」は 12月・1月中は特別料金(安い)で泊まれる。
槍ヶ岳が正面に見られる大きな露天風呂の温泉と飛騨牛がメインの会席料理を味わい 冬の新穂高ロープウェイで真っ白に輝く北アルプスの山々を見たいという我々の願いはすべて叶えられた。
小雪を頬に感じながら入った大露天風呂 夜も朝も暗い時間だったが貸し切り状態の贅沢なひとときだった。
夜が白むにつれ姿を見せた山々。槍ヶ岳はこんなに大きく見える筈がないと思ったがそこに最初に朝日が当たってきたのでやっぱり槍ヶ岳と感激。
新穂高ロープウェイ 夏場の混雑はない。2,156mの展望台、すっきり晴れ風もなく−8度も寒くない。
夏の山と違って空気の澄んだ冬山は大きく近く見える。少しくらい雲があった方が写真のできばえが良いのにと贅沢な悩みを抱いてしまった。

この後「高山まつりの森で屋台からくり見学」「高山市街散策」する。1泊2日にしては盛りだくさんの中身で大満足旅行でした。
同級生の旅 車を走らせ案内してくれたKさんに感謝 感謝。