製作年:1993年
監督:相米慎二
脚本:奥寺佐渡子、小比木聡
音楽:三枝成彰
撮影:栗田豊通
出演:田畑智子、中井貴一、
桜田淳子、笑福亭鶴瓶




 ■ストーリー

 漆場レンコは京都の鴨川沿いに暮らす小学6年生。両親が離婚することになり、 父親のケンイチが家を出る。
 母親のナズナと二人で生活を始めたレンコだが、勝気なナズナはいつも機嫌が悪 く、次第にレンコは色んな不満を持ち始める。
 ケンイチに両親がけんかをしても自分は我慢できたのに、なぜ我慢出来ないのか と問いただすレンコ。しかしケンイチは答えてくれない。
 ある日、レンコは去年も行った琵琶湖へ家族旅行に行けば、また元の家族に戻れ ると思い、一人で電車のキップとホテルを予約してしまう。仕方なく琵琶湖へ旅 行に出掛けた三人だが、やはりケンイチとナズナの仲はしっくりいかない。
 いたたまれなくなったレンコはホテルを飛び出し、祭りをしている湖畔の町をさ まよう。そこでレンコは砂原という不思議な老人と出会うのだった‥‥。



―相米慎二の描く映画的空間―


 相米監督の映画は高校生の頃、テレビではあるが『翔んだカップル』を見たの が最初であった。
 当時、自分はこの原作に熱中していた。マンガを原作とした実写作品というの は、どうしてもギャップは大きい。『翔んだカップル』も例外ではなく、主人公 の役が薬師丸ひろ子というのにものすごくギャップを感じていた。それがテレビ でも一応見たというのは、当時の読売新聞の紹介記事や作品評などでかなり好意 的にこの作品が載せられていたからである。
 高校生だった自分が非常に印象に残ったのが、家の中を鶴見辰悟が薬師丸ひろ 子を探すシーンである。家を飛び出した薬師丸を鶴見が探し回るが結局見当たら ず、家に戻ってくる。すると家には帰ってきた形跡があり、彼女の姿を探す。カ メラは手持ち、鶴見の主観ショットで、薬師丸を見つけるまで長回しである。そ の彼女を探す画面や音から伝わる緊張感に映像の面白さを知った。
 『お引っ越し』を今回、改めてビデオで見直したが、そのデビュー作から見ら れた、相米独特の空間の作り方がやはり印象的であった。
 ゆったりとしたカメラ移動、人物をフルサイズ以上で捉えた画の作り、そして 長回し。その緊張感あふれる独特の空間からは、人の生々しさ、生の息吹きがひ しひしと伝わってくる。
 主人公レンコはそれほど愛らしい顔付きをしている訳ではないが、子供らしく 非常に元気であり、とても好感の持てるキャラクターである。父ケンイチのこと をとても好きであるが、母ナズナとの関係がうまくいかなくなり、ケンイチが家 を出て別々に生活をすることになった。ケンイチが出発の日、レンコは昼休み小 学校を抜け出して様子を見に来る。川原で横になっているケンイチを蹴っ飛ばし、 ボクシングを始める。二人のずっと続けていたであろうスキンシップである。そ の様子から二人の仲の良さが窺える。ケンイチの出発の時間になるとしおらしく レンコは言う。「コーチ、長いことお世話になりました」
 ケンイチの荷物を載せたトラックが走り出す。レンコは思わず走り出して、ト ラックの後を追い始める。荷台に乗っている女が「もういい、帰りな、レンコち ゃん」と声をかける。しかしレンコは走る。カメラはずっと走るレンコを荷台か ら捉え続ける。トラックがカーブにさしかかりスピードが緩む。レンコが駆け寄 ってくる。「おいで、レンコちゃん」女も思わずレンコに手を差し伸べる。その 手を取ってレンコは荷台に乗り込む。
 すごい、と思う。
 脇目も振らずにトラック(父親)を追いかけるレンコの姿をカメラはショット を割らずにじっと捉え続けるのだ。どうあがいてもごまかしきれない役者の肉体 の魅力が存分に引き出される。
 映画の中盤にさしかかった頃、喧嘩したレンコの同級生が実はレンコと似たよ うな境遇であることを知る。意気投合した二人の買い物の帰り―
 坂道をその同級生の自転車を代わる代わる押しながら、登っていく。レンコは 「お父さんに会いに行ったことがある?」と同級生に尋ねる。「行ったよ」と同 級生は話し始める。
 「春休み来ないかって電話あって、どんな女か見てやろうと思って、‥‥パパ、 別なひとと結婚したんだ。‥‥ママに内緒で行った。前、住んでた家、すごく懐 かしかった。パパの新しい奥さんに挨拶しようと思ったんだ。パパをよろしくお 願いしますって。だけどいなかった」
 「どこ行ったん?」
 「病院」
 「えっ?」
 「入院してたんだ、赤ちゃんが生まれるから」
 そのセリフが流れると、突然、どしゃぶりの雨が降り始める。
 「いないうちにこそこそ呼び出したりしてさ、女々しい奴だと思わない? 頭 に来て翌朝一番の電車で帰ってきちゃった!」
 とレンコの同級生は叫ぶ。レンコは走り出している。今登ってきた坂道を下っ て―。
 ‥‥圧巻である。
 セリフといい、舞台のシチュエーションといい、役者の演出といい、‥‥そし てどしゃぶりの雨。
 映画的とはこういうシーンを言うのだと自分は思う。
 そんな風に映画的としか言いようのない完成度の高いシーンが、『お引っ越し』 では全編に渡って展開される。
 ナズナから逃げ出して、ケンイチに電話するレンコ。
 「お父さんとお母さんが喧嘩しても私は我慢出来たのに、何で我慢出来ないの ?」と問う。「お父さんの夏休みの宿題にしよう」とはぐらかすケンイチ。だが 近くを通る山車の音でレンコがすぐ近くにいることが解る。あわてて窓を見てレ ンコの姿を探すケンイチ―。山車の音でレンコの位置を解らせる所がうまい。そ してそのレンコを窓越しから見つめるケンイチの姿、二人の距離感もまた相米演 出のうまさを堪能出来る。
 ケンイチの家に行こうとして、ナズナに見つかってしまい、家の中を駆け回り ナズナから逃げ回るレンコ。宮崎駿の『となりのトトロ』の中で、引っ越してき た家の階段を探して、子供達が家の中を駆け回るショットがあるが、それに非常 によく似たショットである。アングルの共通性も見られるが、何より家の中を子 供が駆けずり回る子供の躍動感に同等のものを感じる。レンコはアニメの動きに も負けない躍動感で逃げ回り、風呂の中に閉じ込もり、鍵を掛けてしまう。
 ケンイチや仲間達がやって来てレンコを説得するが、レンコは応じない。やが てケンイチとナズナの言い争いが始まり、収拾がつかなくなる。その時レンコは 叫ぶ。
 「何で生んだん?」  あまりにも切ないその叫び―。
 だがナズナは風呂のドアのガラスをぶち破って、その叫びに応える。ナズナの 手がレンコに伸びる。その手は血まみれになっている。その血まみれの手がレン コを捕まえようとするのである。これもまた圧巻なシーンの一つである。
 そんなナズナをケンイチ達が必死に止める。「レンコちゃん、逃げて!」そう 言われてレンコが逃げた場所はトイレ。人が一人で放っておいてもらいたいと思 う時、絶対的な場所と言えばやはりトイレである。だがこんな時にトイレに無意 識に座らせるというのはやはり演出のすごさである。
 元の生活に戻す為の作戦が失敗して、川で貝を取るレンコの所に作戦の提案者 である同級生のミノルがやってきて声をかける。するとレンコは歌を口ずさむ。
 「がんばれ、みんながんばれ―」
 相米作品では口ずさむ歌や、バックに流れる歌が印象的なことが多い。『セー ラー服と機関銃』で薬師丸ひろ子が火葬場でつぶやく歌、『ラブ・ホテル』で全 編に流れる山口百恵の『夜へ‥‥』あまり楽しいという時には使われない。切な さを誤魔化す為に登場人物達がふっと口ずさむのである。
 レンコとナズナは去年も行った琵琶湖の旅行にやって来る。そこで待っていた のはケンイチだった。ケンイチはもう一度やり直したいとナズナに言うが、ナズ ナの心はケンイチを受け入れることはどうしても出来ない。そんな二人の気持ち を知ったレンコはホテルを飛び出す。ケンイチはレンコの後を追う。琵琶湖のほ とりの石垣で会話をする二人。だがレンコは決してケンイチに近づかない。この 時、レンコはもうどうにもならないということを悟っているのであろう。ケンイ チが石垣を下りてレンコに近づけば、レンコは石垣に登る。再びケンイチが石垣 に登れば、レンコはさっと下りてしまう。前記のシーン同様、二人の心情をよく 表わした抜群な距離感である。カメラはそんな二人の距離を横からじっと見据え る。レンコはついにケンイチの前から逃げ出してしまう。ケンイチは後を追うこ とは出来ない‥‥。
 その後、たまたま知り合ったおじいさんの家で、ほのかな温もりをもらったレ ンコは(そのシーンもまたすごい演出なのだが)、そのおじいさんと一緒に琵琶 湖の祭りを見物する。そこへナズナが橋の上からレンコを探し出し、声をかける。 レンコは言う。「早く大きくなるから!」その時、急にレンコはうずくまる。初 めての生理であろうか。「早く大きくなるから」と言った途端に初潮が始まる―、 そのシチュエーションもすごいと思う。そうしてレンコは再びナズナの前から姿 を消してしまう。
 かがり火の前に立つレンコ。ここから彼女の儀式が始る。
 竹藪を通り抜けてレンコが向かった先で、火を使った様々な祭りを見る。火を 持って走る人々、あるいは火を回す子供達―。食い入るように火を見つめるレ ンコ。
 やがてレンコは森の中にたどり着く。
 小川のせせらぎの中、月を見て吠えるレンコ。虫をほうばっているかのような レンコ―。
 最後にたどり着いたのは琵琶湖のほとりである。
 疲れて眠りにつこうかというレンコの前に、湖から何かがやってくる。それは 龍を象った水上みこしであり、花火で彩られたそのみこしを男達が運び、その傍 らでもう一人のレンコと両親が仲良くたわむれている。
 だがそんな楽しい時間は続かない。気がつくとみこしに火が付き、燃え始めて いる。両親もまたレンコを置いて水の中へと姿を消してしまう。「どこ行くの? 私を置いて」と泣き叫ぶレンコの願いも空しくすべてが水の中へ消えていく。
 レンコはそのもう一人のレンコを抱きしめる。そして一歩二歩と湖の中を歩ん でいく。燃えているみこしを見てレンコは叫ぶ。
 「おめでとうございます!」
 何度も何度も、手を大きく振って‥‥。
 おめでとうございます‥‥レンコは新しい自分を手にしたのだ。過去の自分を 自らの手で洗い清め、新しい自分を迎える。そしてその自分に「おめでとうござ います!」とめいいっぱいのエールを送る‥‥。
 ラスト、学校のクラスメート達が並木道をにぎやかに歩いていく。先生を振り 切って、わーっとみんなで駆け出すと、一人レンコは並木の横へ抜け出す。少し 大人びたワンピース姿で、並木道の人々に声を掛けていく。そしてもう一つ並木 を越えると中学の制服姿のレンコがカメラに向かって歩いてくる‥‥。その表情 は映画の冒頭にあった元気一杯、子供の持ち味にあふれたレンコではない。ある がままの世界を受け入れ、自分の力でさらに歩んでいこうとするレンコの姿であ る―。
 初めて劇場で観た時から比べると、セリフの節々に小学6年生がこんな大人び たことを言うだろうかとは思った。大体高校生でもレンコのようなしっかりした ことを言う若者は少ないであろう。長々と採録した前記のレンコと同級生の会話 は、どちらかと言えば大人の女のセリフである。少々ギャップがない訳ではない が、しかし背伸びしている彼女達の強さ、たくましさは相米の人物に対する希望 のような気がする。少なくとも自分はレンコのような強さやたくましさを求め、 同時に自分の周りの子供達にも同じものをどこか期待している。
 『お引っ越し』は自分から見て完璧ではないかと思える程、映画的魅力に満ち あふれている。実際自分はこの映画を観た後、相米の映画を全く観なくなった。 ビデオで見直してみても、当時の自分の気持ちというのはよく解る。この映画を 観た時の体験、そしてレンコの成長の記録を閉じ込めてしまいたかったのだ。
 相米監督のあまりにも早すぎる死に哀悼の念を強く感じ、この映画を始め、彼 の残した映画を多くの人々に見てもらいたいと願う。そしてまた自分もさらに相 米慎二の世界に触れていくべきなのだと思いつつある。





レイトショー トップにもどる
風の三番地 トップにもどる