Royal Flush Jazz Band」のプロフィール

RFJB

 ロイヤル・フラッシュ・ジャズ・バンドは、バンジョーの大森重志の呼びかけに応じて、
ニューオルリンズ・ディキシーランドジャズ愛好のミュージシャンが集まり1983年に兵庫県の神戸市で結成されました。

 結成以前は、メンバーそれぞれ異なったバンドに属したり、フリーの立場で活躍していましたが、
トラディショナルジャズのなかでも特にリズムセクションが軽快でしかもダイナミックな
ヨーロッパ系のジャズの神髄を求め、活動を開始しました。

 結成当時は、バンド名はありませんでしたが、仏教の僧侶でありながら、
熱狂的なトラッドジャズファンの仲間がバンド名を命名してくれました。
カードゲーム、ポーカーの最強の手「ロイヤル フラッシュ」からの由来で、このカードのように
7名のプレーヤーで最高のサウンドを創造してくれるように」、との願望が込められています。

結成年からすぐに、関西で催される「全日本ディキシーランドジャズ・フェスティバル」に出演し、
当時神戸外国倶楽部にあった「ホットジャズ協会」から2年連続して全出演バンド中の「ナンバーワン・バンド」に選ばれました。
以後このジャズフェスティバルには勿論のこと、「神戸ジャズストリート」には、
欠かさず出演し、スリリングな演奏で会場を沸せています。

 現在、神戸北野「レストラン・ソネ」、大阪「ニューサントリー5」の二つのライブハウス(パブ)で、
月一回の定期的な演奏活動を続けているほか、神戸・芦屋などのライブハウスや、イベントにも精力的に出演しています。
また海外での演奏活動も豊富で、1989年にはオーストラリアの「YORK JAZZ FESTIVAL」に招待され、
ここでも大好評を博し91,93年にも招待参加しました。また95年にはオランダの「BREDA JAZZ FESTIVAL」、
97
年にはベルギーの「GENT JAZZ FESTIVAL」にも招待され出演、ここでも大好評を得ました。

 20007月にはイギリスの「WHITLEY JAZZ FESTIVAL」に招待され、出演すると同時に、
ドイツのSIEGBURG(ジークブルク)の市立美術館での演奏も大好評でした。

 結成からメンバー不変の17年間のこれらの演奏活動を評価され、20006月、
関西のジャズミュージシャンにとっては大変な名誉といえる「第8/中山正治ジャズ大賞」を同大賞選考委員会から、
そして産経新聞社主催の「なにわ芸術祭新人奨励賞」を同時に授与されるに至りました。

20012

戻る