小型太陽光発電の新規価格表を設定07年9月


小型太陽光発電の新規価格表を設定しました。(平成19年9月8日)

小型太陽光発電を設置しませんか!

ここで小型とは0.8kw〜2.3kw程度の太陽光発電で、小型ゆえ その設置費用は安くなります。(Do It Yourself方式でなく
100%業者に任せたときの価格は下記のようになります。)

0.8kw・・・48万円     0.9kw・・・54万円

1.0kw・・・60万円     1.1kw・・・66万円

1.2kw・・・72万円     1.3kw・・・78万円

1.4kw・・・84万円     1.5kw・・・90万円

1.6kw・・・96万円     1.7kw・・・102万円

1.8kw・・・108万円    1.9kw・・・114万円

2.0kw・・・120万円    2.1kw・・・126万円

2.2kw・・・132万円    2.3kw・・・138万円

注1:インバータは4kw容量のものを採用します。(将来4kwまで増設可能です。)

注2:屋根面積は1.0kwで約10uとなります。2.0kwでは約20uとなります。

(有)経営改善推進社(太陽光発電普及協会東京支部の100%協力会社)




追記コメント:
太陽光発電普及協会は、電力10社が推進する「オール電化」は、誤った方向と見ており、反対であります。

 
その理由は

1)「オール電化」は電力消費量を増大させる。
その主電源は原子力発電による電力である。

2)電力消費量増大は「地球温暖化に反する行為」となる。
3)原発電力消費の増大は、原発廃棄物の増大につながる。

4)太陽光発電を設置して、なおかつ節電し、出来るだけ多く売電にまわすようにした方がよい。