2.太陽光発電の価格

我が国太陽光発電は、個人住宅を対象とした国庫補助制度が始まった平成6年度が「開始元年」といえるだろう。この年度(1994年)の3kwシステム価格は各社そろって600万円(税別)であった。200万円/kwというのが初年度単価である。その後年を追ってkw単価は低下し、平成16年度(2004年)は60万円〜70万円/kw(税別)程度になったと見られる。3kwシステムで180万円〜210万円(税別)といった価格である。 現在の新聞記事では200万円(3kwシステム税込)という価格で紹介されている。10年間で価格は3分の1になったといえる。 大手住宅メーカーが、太陽光発電を標準装置として取り込んだ新築住宅を販売しているが、この場合の価格は45万円/kw程度になっていると推定される。  国の設置補助単価は平成6年度は90万円/kwであったが、その後急速に減額され、平成15年度で9万円/kw、平成16年度で4.5万円/kw、平成17年度は2万円/kwとなり、平成18年度以降はゼロ(=廃止)ということになっている。

3kwシステム200万円(税込み)を標準価格としたとき、この価格の経済性はどうなのだろ
うか。システム価格の低下傾向は緩やかになっていると思われるので、この価格で考察して
みよう。

3kwシステムの平均的発電量は3150kwh/年である。また電力10社の平均電力単価は
23円30銭/kwhと発表されているので、この価格で計算する。
  { 3150kwh/年*23円30銭/kwh=73395円/年 }となり、1年間で73395円の電気代を生むことになる。月額では6116円/月となるので、月額電気代が6千円〜7千円の家庭の場合は、月々の電気代が±ゼロになる。 太陽光発電で月々の電気代ゼロは非常に楽しい目標といえるだろう。  { 200万円/73395円/年=28.57年 } となり、電気代で設備償却するには28年以上かかることになり、これはあまりに長すぎる!!と言うことになる。(無利子の自己資金の場合)  この計算結果から、多くの人々は「採算性なし、償却年数が長すぎる」と判断してとりやめる。   この判断は正しいが、我々 普及協会の会員は「残念なこと」と感じる。
 エネ庁は太陽光発電システムの稼働年数を20年として、コスト計算しているが、我々普及協会は、30年以上充分に発電するとして稼働年数30年でコスト計算するよう要求している。

 我々は、希望的観測を含めて、近い将来到達してほしい価格として、半額の100万円/3kwシステムと考えるが、これはまだまだ時間がかかると思う。  現在の太陽電池生産量より、10倍〜100倍くらいの大量生産になることが必要と推定する。

 世の中には、標準価格以下で設置する業者もおり、また東京電力管内の場合「ナイト10」という太陽光発電に最適な時間帯別電灯料金制度があるので、この二つを同時採用して太陽光発電を設置すると、償却年数が20年以下になるケースがよく見られます。このような条件で設置することを、強く奨めたいと思います。自己資金で総て行うのが理想ですが、不可のときは出来る限り低利の資金で行って頂きたいと思います。 

東京都小金井市5.4kw