われは海の子
われは海の子 演奏   戻る
一、我は海の子白浪(しらなみ)の
さわぐいそべの松原(まつばら)に
煙(けむり)たなびくとまやこそ
我がなつかしき住家(すみか)なれ
二、生れてしおに浴して(ゆあみして)
浪(なみ)を子守(こもり)の歌と聞き
千里(せんり)寄せくる(よせくる)海の気(き)を
吸いて(すいて)わらべとなりにけり
三、高く鼻つく(はなつく)いその香(か)に
不断の(ふだん)花のかおりあり
なぎさの松に吹く風を
いみじき楽(がく)と我は聞く