ローレライ
ローレライ 演奏   戻る
一、なじかは知らねど心わびて
昔の伝説(つたえ)はそぞろ身にしむ
寥しく(さびしく)暮れゆくラインの流れ
入日(いりひ)に山々あかく栄ゆる(はゆる)
二、美し(うるわし)少女(おとめ)の巌頭(いわお)に立ちて
黄金(こがね)の櫛(くし)とり髪のみだれを
梳きつつ(ときつつ)口吟ぶ(くちずさぶ)歌の声の
神怪しき(くすしき)魔力(ちから)に魂(たま)もまよう
三、こぎゆく舟びと(ふなびと)歌に憧れ(あこがれ)
岩根(いわね)も見為らず(みやらず)仰げばやがて
浪間(なみま)に沈むるひとも舟も
神怪しき(くすしき)魔歌(まがうた)謡う(うたう)ローレライ