大漁節
大漁節 演奏   戻る
一つとせ(ひとつとせ)
一番づつに積み込んで
川口(かわぐち)押し込む大矢声(おおやごえ)
浜ァ 大漁だね
二つとせ(ふたつとせ)
二葉(ふたま)の沖から外川(とがわ)まで
続いて寄せ来る大鰯(おおいわし)
浜ァ 大漁だね
三つとせ(みつとせ)
みな一同にまねをあげ
通わせ船のにぎやかさ
浜ァ 大漁だね
四つとせ(よつとせ)
夜昼焚いても(たいても)焚きあまる
三ばい一ちょのおお鰯
浜ァ 大漁だね
五つとせ(いつつとせ)
いつ来てみても干鰯場(ほしかば)は
あき間もすき間も更にない
浜ァ 大漁だね
六つとせ(むつとせ)
六つから六つまで粕割が
おお割小割で手に追はれ
浜ァ 大漁だね
七つとせ(ななつとせ)
名高き利根川高瀬ぶね
粕やあぶらを積みおくる
浜ァ 大漁だね
八つとせ(やつとせ)
八手の沖から若い衆が
万祝衣そろえて宮まいり
浜ァ 大漁だね
九つとせ(ここのつとせ)
この浦まもる川口の
明神御利やくあらはせり
浜ァ 大漁だね
十とせ(じっとせ)
十をかさねて百となり
千をとびこす万漁年
浜ァ 大漁だね