ソーラン節
ソーラン節 演奏   戻る
ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン
ソーラン ソーラン
にしん来たかと 鴎(かもめ)に問えば(とえば)
わたしゃ立つ鳥(たつとり) 波に聞け チョイ
ヤサエ エンヤンサーノ ドッコイショ
ア ドッコイショ ドッコイショ
ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン
ソーラン ソーラン
沖の鴎に 潮どき(しおどき)問えば
わたしゃ立つ鳥 波に聞け チョイ
ヤサエ エンヤンサーノ ドッコイショ
ア ドッコイショ ドッコイショ
ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン
ソーラン ソーラン
男度胸(おとこどきょ)なら 五尺(ごしゃく)のからだ
どんと乗り出せ 波の上 チョイ
ヤサエ エンヤンサーノ ドッコイショ
ア ドッコイショ ドッコイショ
ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン
ソーラン ソーラン
躍る(おどる)銀鱗(ぎんりん) 鴎の唄(うた)に
お浜(おはま)大漁(たいりょ)の 陽(ひ)がのぼる チョイ
ヤサエ エンヤンサーノ ドッコイショ
ア ドッコイショ ドッコイショ
ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン
ソーラン ソーラン
嫁こ(よめこ)とるなら にしん場(にしんば)の娘
色は黒いが 気だてよい チョイ
ヤサエ エンヤンサーノ ドッコイショ
ア ドッコイショ ドッコイショ
ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン
ソーラン ソーラン
沖の鴎が 物言う(ものいう)ならば
たより聞いたり 聞かせたり チョイ
ヤサエ エンヤンサーノ ドッコイショ
ア ドッコイショ ドッコイショ
ヤーレン ソーラン ソーラン ソーラン
ソーラン ソーラン
沖の鴎の 啼く(なく)声聞けば
船乗り稼業(ふなのりかぎょう)は やめられぬ チョイ
ヤサエ エンヤンサーノ ドッコイショ
ア ドッコイショ ドッコイショ