主よ終わりまで仕えまつらん
主よ終わりまで仕えまつらん 演奏   戻る
一、主よ 終わりまで 仕えまつらん
みそばをはなれず おらせたまえ
世のたたかいは はげしくとも
御旗(みはた)のもとに おらせたまえ
二、うき世のさかえ 目をまどわし
いざないのこえ 耳にみちて
こころむるもの 内外(うちと)にあり
主よ わが盾(たて)を ならせたまえ
三、主よ 今ここに ちかいを立て
しもべとなりて つかえまつる
世にあるかぎり このこころを
つねにかわらず もたせたまえ