浦島太郎
浦島太郎 演奏   戻る
一、昔々浦島は
助けた亀に連れられて
竜宮城(りゅうぐうじょう)へ来て見れば
絵(え)にもかけない美しさ
二、乙姫様(おとひめさま)の御馳走(ごちそう)に
鯛(たい)や比目魚(ひらめ)の舞踊(まいおどり)
ただ珍しく(めずらしく)面白く(おもしろく)
月日(つきひ)のたつのも夢の中(うち)
三、遊びにあきて気がついて
お暇乞い(おいとまごい)もそこそこに
帰る途中の楽(たのしみ)は
土産(みやげ)に貰った(もらった)玉手箱(たまてばこ)
四、帰って見ればこは如何に(いかに)
元居た(もといた)家も村も無く(なく)
路(みち)に行きあう人々は
顔も知らない者ばかり
五、心細さ(こころぼそさ)に蓋(ふた)取れば
あけて悔しき(くやしき)玉手箱(たまてばこ)
中からぱっと白烟(しろけむり)
たちまち太郎はお爺さん(おじいさん)