秋のあわれ
秋のあわれ 演奏   戻る
一、更け渡る秋の夜
庭に鳴く虫の音
萩原(はぎわら)の伏庵(ふせいお)
さらぬだに此の身(このみ)は
旧にし(ふりにし)世忍ぶに
淋しさは身に染む(しむ)
淋しさよ伏庵
淋しやな秋の夜
二、更け渡る秋の夜
峰に鳴く鹿の音(ね)
山陰(やまかげ)の伏庵
さらぬだに此の身(このみ)は
過ぎにし世忍ぶに
悲しさは身に染む(しむ)
悲しさよ伏庵
悲しやな秋の夜