青葉茂れる桜井の
青葉茂れる桜井の 演奏   戻る
一、青葉茂れる桜井の
里のわたりの夕まぐれ
木の(この)下蔭に(したかげに)駒(こま)とめて
世の行く末(ゆくすえ)をつくづくと
忍ぶ(しのぶ)鎧の(よろいの)袖の上に(そでのえに)
散るは涙かはた露か(つゆか)
二、正成(まさしげ)涙を打ち払い(うちはらい)
我子(わがこ)正行(まさつら)呼び寄せて
父は兵庫(ひょうご)に赴かん(おもむかん)
彼方の(かなたの)浦(うら)にて討死せん(うちじにせん)
いましはここ迄(ここまで)来れども(きつれども)
とくとく帰れ故郷(ふるさと)へ
三、父上(ちちうえ)いかにのたもうも
見捨て(みすて)まつりてわれ一人
いかで帰らん帰られん
此(この)正行は年こそは
未だ(いまだ)若けれ(わかけれ)諸共に(もろともに)
御供(おんとも)仕えん(つかえん)死出(しで)の旅