諸勢力マスター

 

         国人衆

             ・国人出身武将で登用可能。親密だと自ら仕官に来ることも有り。
             ・親密だと馬や鉄砲などの献上有り。入門書をもらえば数ヶ月で新たな兵科を取得可能。
              なお、修行終了時に家宝をもらえることがある。
             ・検地をしすぎると消滅する。また、一揆が成功すれば新大名。
             ・国内の警戒を依頼すると数ヶ月間効果が持続する。
             ・豊作祭り参加時に大名が暗殺されることがある。

         水軍衆

             ・親密かつ規模6以上で貿易可。家宝(等級はランダム)か金3000〜6000程度を入手。
             ・水軍出身武将で登用可能。ただし、ゲーム開始時には毛利家にしか水軍出身武将は
              いない。なお、海戦で敗れ消滅した水軍の要人武将は、近隣諸国に浪人として登場。
              親密だと自ら仕官に来ることも有り。
             ・合戦時の水軍の大砲の援護射撃は強力。
             ・水軍の勢力争いに援助すると、低級家宝が入手できる。
             ・自勢力の宣伝を依頼すれば、支配海域内に効果が及ぶ。
              また、海賊行為を依頼すれば略奪した物資を半分献上してくれる。

         都市勢力

             ・売買時には商業特技必須。物資は無限増殖可能。
             ・自勢力の宣伝を依頼すれば、商売範囲内の地域に効果が及ぶ。
             ・茶会イベントは茶器所持武将で売買すると、ランダム発生。
              なお、茶器を貰えたり他国の情報を入手できたりする。
             ・売買を続ければ、都市の規模が拡大する。
              (大規模な都市ほど物資の大量売買が可能)
             ・鉄砲の価格は西暦を経るにしたがって少しずつ安くなる。

         寺社勢力

             ・親密であれば、自ら仕官に来ることがある。(情報提供 KYO殿)
             ・自勢力の宣伝を依頼すれば、同一宗派の寺社勢力に効果が及ぶ(かなり有効)。
             ・一揆が成功すれば、新大名。一向宗の場合は自動的に本願寺家に従属。
             ・大名自ら改宗すれば、友好度アップ。
             ・布教活動により武将が改宗することがある。

         忍者衆

             ・忍者は戦闘に勝つとランクアップすることがある。
             ・派遣期間が終了してもお金を払えば延長プレー可。
             ・自勢力の宣伝を依頼すれば、活動範囲内に効果が及ぶ。
             ・Sランクの忍者を使えば、有力武将の暗殺も可能。
             ・くのいちやSランクの忍者はランダム発生。

         幕府

             ・幕府役職は足利家との友好度が高いほど得やすい。
             ・討伐令を出せば、他大名の名声値を下げることができる。
              なお、討伐令を出された大名は、他大名との友好度が軒並み低下する。
             ・幕府の権威が低下すれば役職の名声上昇値がダウンする。

         朝廷

             ・資金援助、御料所返還で友好度アップ。
             ・他大名と朝廷が親密である場合、諸勢力に暗躍を依頼し評判を落とせば
              親密になることができる。
             ・近畿圏の寺社や都市、及び忍者衆に自家の名声を高めるよう依頼すれば、
              翌月以降朝廷から使者が派遣されやすくなる。