オンライン・ダイエットセミナー



バックナンバー(No.1〜No.3)


No.1 ダイエットのストレスにご用心

「胸が締め付けられるように痛い!」「めまいがする!」 「呼吸が苦しい!」「突然動悸がする!」 過度のダイエットからのストレスでパニック症状をひきおこす 人が最近若い女性に急増しているんだって。
 
今、ダイエットに取り組んでいる方で頻繁に動悸、めまい、そして手の震え等の症状を感じている人は、それらの症状が起こったらとにかく静かに休み、気持ちをし鎮めよう。 又カフェイン(コーヒー等)やニコチン(タバコ)はパニック症 状をよりひどくさせてしまうので、コーヒーやタバコを日頃か ら多く摂取している人は、タバコは1日一箱くらいを目安に、コーヒーは1日一杯くらいを目安にしよう。 ちなみにこうした症状が1ヶ月以上続いた場合は坑不安剤や心理療法、そしてリラクセーションなどの治療が必要なんですね。

ちょっとしたことでイライラする。感情の起伏が激しい。不眠 がち。 感情で食欲が変化する。やせてきたのはいいけど精神状態がめっちゃ不安定?。 ま、そんなもんですよダイエット。

しその葉やデュラム小麦を使ったパスタは神経を鎮めるなどの 精神安定作用があるので、いつものダイエットにそれらの 食物を摂りいれて少しでも精神を安定させるように努めまっしょい!!



No.2 間食に対する考え方の巻

★今、ダイエットのためにご飯を減らしているあなた!!

食べるご飯の量を減らしても、結局は他のもので補うことになり、おかずやお菓子など、かえって余分なものを食べ過ぎてしまうのさ。だから、ご飯の量は適量をしっかり摂って、無駄な間食などを防ぎまっしょい!(^o^)丿。 タベテいない!!っていいはる人ほどごはんを減らしていてもお酒やおかずなど、少量にしてナンカ食べているんだなこれが(^^;
 
いずれにしても、お酒やお菓子は習慣化しやすい食品スッね。どちらもエネルギーが高いので、食べ過ぎ・飲み過ぎは肥満の原因となってしまうわけスッ。また、お酒やお菓子が食事代わりになってしまい、食生活の乱れにつながる場合もありますので、上手にコントロールしながら摂ろうぜ。

★それから、いつも缶コーヒー、ジュースを良く飲むあなた!!

缶コーヒーやジュースは手軽に摂れるけど。しかし高エネルギーの物が多いので、毎日摂り続けていると、余分なエネルギーの蓄積=肥満の原因となってしまうだろ。また、摂る時間によっては食事に影響がでて、食事時間や量が不規則になってしまう。だからいつものコーヒーも 時間と量をコントロールして上手に摂るように心がけるのが賢いダイエットの秘訣なんですね〜。

★ダイエット中なのに甘いものがやめられないあなた!!

間食をしすぎていてはやせられないけれど、そこそこなら食べても大丈夫!。この“そこそこ”というのは200キロカロリーね。(200キロカロリー以内がダイエット中の間食の許容範囲だ。)で、その理由は?栄養バランスよく食事摂ろうとすると、変更できるのは唯一、主食部分のエネルギー。ダイエット中でも一日に700〜800キロカロリーは主食で摂ることが望ましいんだけど、そのうち、3分の1程度なら主食以外で摂っても栄養バランスは崩れないんだ。

つまり、三分の一が、間食の目安となる200キロカロリーってわけ。この範囲なら何を食べても大丈夫だ。(特に和菓子がおすすめだけど)せっかくのお菓子。栄養のなんのと考えず、好きなものを200キロカロリー分食べるほうが満足感も得やすいもの!!えっ??間食を400キロカロリー食べてしまったら?ですって?心配しなくてもだ〜いじょうブイ(^。^)V(←古い?)次の日に食べなければイインデスー。プラスマイナスは2、3日の間なら調整できるぜ。というワケで、まずは間食に対する考え方を変えましょう。ってか。。。。



No.3 体を温める効果のある香味野菜を食べまっしょい!の巻

「手足が冷えて寒さを感じる!」「疲れがなかなか取れない!」「冷えるとお腹が痛む!」「顔色が白い!」このような症状を日常において頻繁に感じている人は、冷え性なうえに代謝もよくないため、元気がなく、なおかつ太りやすくなっているぜ。

そのような冷え性で疲れやすいタイプの方は、『トウガラシ・にんにく・ねぎ・ニラ・しょうが』など、血行を良くし体を温める効果のある香味野菜が、その体質改善に役立つ食べ物なので、それらの食材を積極的に摂りまっしょい!

又、トウガラシに含まれる“カプサイシン”(消化器官の粘膜を刺激し中枢神経の働きを高める。)という成分には、新陳代謝を促す作用だけじゃなしに、脂肪細胞からエネルギーを放出させる作用もあるので、体脂肪を燃やすには効果があると言われているのだが、だからと言って、必要以上に食べ続けると、体に弊害を発生させる恐れもあるので要注意だぜ!

特に痔の人が激辛料理を食べ続けると出血しやすくなるのでご注意あれ。









前のページへ戻る


- オンライン・ダイエットセミナー TOP PAGE -