『モノの使いやすさとデザインの心理』

東京都立晴海総合高等学校 第2期生(97年度生) 渡辺恵太


■この課題研究について

1. 序文

  1. はじめに
  2. 研究領域

2.インターフェイス

  1. インターフェイスとは
  2. インターフェイスの重要性と目的

3.人間を考える

  1. アフォーダンス
  2. メンタルモデル
  3. 知識はどこにある?
  4. 人間は間違える
  5. わかりやすさ
  6. 目的を知る

ご意見ご感想をお待ちしております。


高校時に書いた内容です。

現在は、大学にて、引き続きヒューマンインタフェースの研究を行っています。

http://www.persistent.org/

4.コンピュータ

  1. 現在のコンピュータの歴史
  2. 現代型コンピュータの特徴
  3. メタファ
  4. GUI
  5. 発想支援のインターフェイス

5.インターフェイスの理想と今後≪ポイント≫

  1. ビジョン
  2. 人類共通インターフェイス
  3. 文字と人間
  4. 教育
  5. 言語とアフォーダンス
  6. メディア
  7. 知をリセットし、人間を再構成させるインターフェイス

6.実験と考察ノート

  1. 消えた、文字情報
  2. モノ語り
  3. 思考メモ

7.まとめ

  1. まとめ
  2. 参考文献・資料

Copyright(C) 1999-2001, Keita Watanabe All Right Reserved.
掲載の記述・写真の無断転載を禁じます。

※このレポートは、都立晴海総合高等学校 3年次「課題研究」を中心にリサーチ・研究したものであり、 1999年10月に完成。現在、ここからさらなる発展を求めて研究中。