涼宮 茜

copyright (C)アージュ
遙の妹。3年前は水泳の選手として水月を尊敬していて、孝之にも姉の彼氏として好感を持っていた。
しかし姉の事故の1年後、姉の見舞いに来ることがなくなった孝之と自分の期待を裏切って水泳を捨てた上に孝之と付き合い始めた水月に対して怒りを募らせる。
しかしもう一つ、茜ちゃんが孝之と、特に水月に辛くあたるのには彼女なりの理由があったのでした・・・。

ちなみに声をあてていらっしゃるのは水橋かおりさん。NHKで放送中の『カスミン』で主人公カスミを演じるなど結構大物です。

公式HPのキャラ紹介へはこちらから。
茜エンド
「遙も水月もどっちも好きだぁ〜選べねぇ〜ぐぉぉ〜」のヘタレ孝之が行き着いたのは遙でも水月でもなく、遙の妹の茜ちゃんでした(ちゃんちゃん♪)、という漁夫の利的なシナリオ。

第1章では妹属性の方々には堪らない魅力を振りまいていた茜ちゃん。
事故から3年後の第2章で茜ちゃんと再会すると、彼女の冷たい態度と痛い言葉が孝之というよりもむしろプレーヤーに突き刺さります。

「ごもっとも〜」
何しろ事故後の選択はプレーヤーの思い通りになりません。
茜ちゃんが正しい!とお思いになって当然です。

しかしシナリオが進むに連れて水月に辛く当たるのは近親憎悪だったということが分かってくるのでした。
「私だって鳴海さんのことが好きなのにっ」
「お姉ちゃんの恋人だから気持ちを押さえていたのに」
「あの人に奪われるくらいなら私が・・・」

彼女でしたら高校でもモテていたでしょうに、3年も
あのヘタレへの想いと憎しみを募らせて過ごしてきたとはもったいない。どんな高校生活を送っていたのでしょう?見てみたいですね。というワケで『マブラヴ』購入決定ね(爆)

でもやっぱり妹ってのはキツい!(^^;)
他人は所詮他人だけど、親族は死ぬまで親族ですからねぇ・・・。
結婚式に遙出るのよ?どうよ?お父さんとお母さんもどう思うよ?
こういう修羅場だけは経験したくないですね。

このエンディングでは水月とはスッパリと別れ、そして遙は遙で茜との関係をすごい短期間で認めてくれるのですが、なんだか引っかかる、「それでいいの君たち?」って感じの後味の悪さが残るエンディングでした。
茜妊娠エンド
かなりキツいエンディングです。
「茜妊娠エンド」なのに「妊娠したのは茜ちゃんじゃない」という辺りが特にキツいですな。

あえてツッコミを入れるとしたら
「妊娠判明するの早すぎない?」ってコトくらいでしょうか?(^^;)
茜バッドエンド1 遙隠し妻
茜にバレなければ最高のエンディング(^-^)
いわゆる「姉妹どんぶり」エンドですな。
まあ、あの状況で遙にあの迫力で迫られたら、よほどの意志の強い人間でない限り流されます。
そりゃあもう確実に。

ええ、僕もご多分に漏れずこのルートを最初に通ったときは流されました。
そして、
「かぽっ」と・・・(^^;)
茜バッドエンド2 茜昏睡
遙を一度ならず裏切ったバツでしょうか?
これはあまりにもキツいエンディング。
呆然でした。
攻略のポイント
8月3日、茜ちゃんの病院での買物に付き合うこと。
8月9日、水泳大会には応援に行って、その後ちゃんと最後まで付き添ってあげること。
8月12日、酔っ払った上司に絡まれてる水月はシカトしつつ、遙のお見舞いには来るように誘っておく。
8月27日、大雨だろうが遙に逢いに行くこと。
8月28日は遙の哀願を無視してそのまま部屋を出る!流されてはイケナイ!(^-^)
これに耐えると晴れて茜ちゃんとラヴラヴになれます。

ちなみに、
8月27日に逢いに行かないと「茜バッドエンド2 茜昏睡」。
28日に遙をシカト出来ずに
「かぽっ」されちゃうと「茜バッドエンド1 遙隠し妻」。
12日、水月をお見舞いに誘わないと「茜妊娠エンド」
になります。

戻る