平家滅亡過程年表

1156〜1186

西暦 年号 出来事
1156 保元1年 保元の乱勃発。上皇方破れ、讃岐に配流。
1158 保元3年 後白河上皇の院政始まる。
1159 平治1年 平治の乱、勃発。平清盛軍、源義朝軍に勝利。源義経、誕生。
1160 永暦1年 源義朝、没。頼朝、伊豆に流される。
1167 仁安1年 平清盛、太政大臣に。武臣太政大臣の初め。
1175 承安1年 法然上人、浄土宗を開く。
1177 治承1年 鹿ケ谷の陰謀発覚。
1179 治承3年 平重盛、没。清盛、院政を停止し、法皇を鳥羽院に幽閉。
清盛、宋との貿易をはかる。
1180 治承4年 以仁王の令旨(平家追討の令旨)。源頼政の挙兵。清盛、福原遷都。石橋山の戦い。
木曽義仲、挙兵。源頼朝、鎌倉入り。富士川の戦い、水鳥の羽音に驚き平家敗走。
平家、福原から再び京都に遷都。
平重衡、東大寺・興福寺を焼く。
1181 養和1年 中宮徳子、建礼門院と称す。平清盛、没。
1183 寿永2年 砺波山の戦い。平氏、西国に逃れ。木曽義仲、入京。
平宗盛、安徳幼帝・女院を奉じて西国へ。平惟盛ら平家一門都落ち。
義仲、平氏を追討して西国へ。
源頼朝、鎌倉で征夷大将軍の院宣を受ける。
木曽義仲、朝日将軍に。義仲軍、源平の水島合戦で平軍に敗れる。
義仲、都に引き返し、後白河法皇を幽閉。
平家一門、大宰府に着く(8月17日)
1184 寿永3年 平氏、福原で播磨との国境に一の谷の城郭を構え、源氏に備える。
木曽義仲、征夷大将軍に。義仲、近江の粟津で戦死。
義経の鵯越えの逆落としで有名な「一ノ谷の合戦」
源平、藤戸合戦。
1185 文治1年 源平、屋島の戦い(2月)。
壇ノ浦の戦いを経て平氏滅亡(3月24日)。安徳天皇・二位の尼入水。
建礼門院助け出される。
1186 文治2年 鎌倉幕府の成立。
ページトップへ  目次へ    表紙へ