プロフィール
【2018年05月17日】

この1年もたくさん出会いがありました

氏名  古賀 勝 (こがまさる)
家族    妻
住まい  福岡市城南区
 生まれた日   1938(昭和13)年5月17日(80歳)
出身学校     1945年  福岡県三潴郡荒木村立荒木小学校入学。1951年に卒業。
 1951年  福岡県三潴郡荒木町立荒木中学校入学。1954年に卒業。
部活動として陸上競技でキャプテンを務め、福岡県大会では団体優勝。個人でも800mリレーでアンカーを務めて優勝。
 1954年 久留米市立久留米商業高校に入学。1957年に卒業。 
会社勤め      1957年 民間放送のラジオ九州(現RKB毎日放送)に入社。
本社(福岡市)−東京支社−北九州支社−大阪支社−久留米支社勤務。
   労働組合運動中、起訴されて約5年間休職処分受ける。刑事事件は東京高裁で無罪確定。休職処分も会社が謝罪して撤回。
 1998年  RKB毎日放送を定年退職。(満60歳)
在任中     事業部(国際女子柔道・セリーグ東西対抗・テニスのクリスエバート引退エキビジション。博多どんたく・子供山笠など担当)。
久留米支社時代には、ラジオドラマ「筑紫次郎のむかし物語」を企画・製作。
同、テレビ特番「炎の博覧会」を企画・製作。
 1976年 「手錠の重みー人間を生きた労働者の記録」出版。(労働旬報社刊) 
定年退職後             2000年  「大河を遡るー九重高原開拓史」を発刊。(西日本新聞社刊)
 2000年〜  ホームページ「筑紫次郎の世界」開設。
「筑紫次郎の伝説紀行」345話掲載。筑後川流域の全市町村を網羅する。
久留米地方の人物伝を執筆。
 2002年  西日本新聞で「筑紫二郎の伝説紀行」を執筆連載。(70話)
 2001年〜2002年  母校久留米商業高校同窓会副会長兼広報委員長。同窓会ホームページ開設など。
 2013年  くるめんあきんど物語1「たび屋の雲平」を自主出版。200部
 2014年  くるめんあきんど物語2「織屋のでん伝」を自主出版。200部
 2015年  くるめんあきんど物語3「まぼろしの久留米縞・小川トク伝」自主出版。200部
 2016年   くるめんあきんど物語4「明治を駆けた木綿売り・国武喜次郎伝」発行。
 2017年   日本経済新聞文化欄(全国版)で「伝説紀行」紹介される。反響大。
 俳句誌「冬野」に「筑紫次郎の伝説紀行」連載。月1回発行12回。
 講演活動2回。
 2018年   2月 九重文化センターで、「ミュージカル・大河を遡る」上演。
 10月27〜28日 九重文化センター「ミュージカル・大河を遡る」上演。
趣味    居酒屋談議 野歩き 旅行など