コンテンツ入り口戻る

偽TRICKSTER+ どらこ


「色仕掛けだって戦略のうちさ。手段は選ばない」 Dragon

コードネーム「ダークドラゴン」。
かつて王宮に仕え、寵愛と権力を握り趨勢を誇ったボヘミア呪術士一族の末裔。クーデターとともに故国を追われ、流浪の旅の末にカバリア島にたどり着いた。
プライドの高さ故にミッションを放棄したり単独行動を取ったりすることもある問題児で、一族の恨みと復讐心を原動力に動いている。
いつか故国に帰り、権力を取り戻すことと、クーデターの主犯だった政敵の子孫たちを呪い殺すことを目的としている。
 素殴り 【すなぐり】

通常は、MPまたはTMに余裕のない魔術師が苦し紛れに繰り出す攻撃。
初期ステータスで「攻撃」をほぼ例外なく1にしているこの職業では、命中しても「ぺちっ」程度だが、稀に殴り攻撃を専門とする「殴り竜」がおり、侮れない。物理攻撃用の武器を手に、魔法と通常攻撃を同時に繰り出す猛者もいるという。
竜のクリティカルポーズは妙にセクシーなため、殴ると同時に魅惑の術をかけているという説もある。


 地獄の業火 【じごくのごうか】

日本名・イビルフレイム。別名・放火。近辺にいる敵に火を放ち、ひとたび発動すると連続的にダメージを与え続ける恐ろしい技である。この技が発動すると、自分の狙っていた敵も、魔法耐性の敵もすべてが炎上しはじめ、しかもタゲつきのため攻撃が出来なくなってしまう。単体での攻撃力がさほどでないため、敵を殺しきれないのも原因。
燃え盛る敵が半死半生でプレイヤーを襲い始めるため、混んだ戦場では即座に阿鼻叫喚の世界。まさに地獄からの贈り物である。
※この設定はフィクションです 実際のゲーム内用とは全く関係ありません

前へ↓戻る次へ