サイト入り口

プレイ年表(闇の記憶)−1

オープンサービス〜2005年6月

>>闇の詳細を見る


2005/1月末 トリックスター、オープンサービス開始。ぱっと見の絵がかわいかったので意気揚々と参戦。パラダイスに降り立つ。
初心者装備&露店の多さにビビりながらプレイ開始。
2/3 Lv20くらいになったところで、ゲーム仕様を大幅に修正するパッチが適用される。モンスターのレベル、出現場所が一気に書き換わって大混乱。魔法使いの魔法が弱くなったのは、このときらしい。…が、当時魔法使いキャラの知り合いはいなかったので、実質問題なし。
コーラルビーチが実装されたので、観光に行く。
2/11-15 バレンタインイベント。ひたすらチョコを集めまくってアイテムをゲット。イベントのモンクエをこなすため、セカンドキャラの兎が誕生。
チョコをドロップする敵のいるマップ周辺ではすさまじいラグが…あったが、それもご愛嬌。チョコ集めパーティーの皆さんと一晩ご一緒してミンゴを乱獲する。ミンゴ好きになったのは、どうやらこの時刷り込まれた強烈な思い出ゆえらしい。
3/10-15 ホワイトデーイベント。愛のキャンディーを掘り出すと、飴装備がもらえた。バレンタインに比べるとショボかったがそこそこ楽しかった。レベルが上がっていたので、トルネードドリルやダイヤドリルを投入でき、イベント品の採掘もバレンタインよりかなり楽に。
この頃から、初期に友達になった人々が、少しずついなくなりはじめる。
暗黒時代の始まり
4月初頭 日増しに酷くなるラグと放置されたままのバグに、ユーザーの不満が爆発寸前。まともにプレイできる時間帯が少なくなりはじめる。
4/7 プチデビル期限切れ事件
ポプリダンジョン、学園別館1F、スキルマスターなどが実装されたがバグもまた実装。なぜか無期限使用品のはずのMSペット、「プチデビル」「たまぴよ」が期限切れに。また、カルバイガルに文字化けした転職NPCが出現するなど、各地は大混乱。メンテ→再メンテという悪夢コンボの歴史は、ここから始まる。
4/9 クローズドベータ時代にやったのと同じ「カバリア島マラソン大会」が開催される。4種類のタイプのキャラが1チームとなってカバリア島のどこかにあるゴールを目指す、というものだが、少ないゴールポイントに大量のプレイヤーが押し寄せ大混乱。しかもラグで鯖落ちしたり、アクティブのいるフィールドのド真ん中がゴールだったりで、参加した人は発狂しそうになったという。ちなみにオレは、参加せずに花見に行ってバーベキュー食ってました。
牛うまかったよ〜、牛。
4月末 運営が「4月中にもう一つ大きなものが…」とブログにもらしたことにより、転職実装の期待が高まったが、人々の期待の果てに実装されたのはマイショップアイテムの白衣の天使だった。
萌え商品を是が非でも売りたい運営会社に冷たい視線が向けられる。
そしてゴールデンウィークイベントへの微かな期待さえも打ち砕かれ、さらに人が去る。(一部は、本家韓国のトリスタに移住。)
5月連休 左肩殺人事件
手抜きとしか思えない「殺人事件発生」というショボいイベントが開始される。
犯人あてをするイベントだがダイイングメッセージは間違えてるわ公式ページは表記ミスってるわ、便乗した隠ぺい工作を予期していないわ商品がゲルダだわ、あらゆる意味でのグダグダっぷりに、のちにFlashのネタに使われるほどのイベントとなる。

姐さんと行く「ガイシャを探せ!」ツアー
5月12日 銃バグ事件
某巨大掲示板の爆弾発言にて、ゲームバランスをたやすく崩せる致命的バグが暴露される。日本独自のバグで、しかも、この週のパッチから発生したものらしい。これによりゲーム内は不正バグ利用者で溢れかえり、混沌状態に。
5月16日 バグにようやく対処がなされたのは、火曜日。月曜日の段階でようやくバグ告知が出ただけだった。ちなみに、バグ利用者は申告しても罰則なし、やったもん勝ち。規約にはバクの悪用は禁止と書かれているにもかかわらず、管理会社はその規約すら守らなかった。
ユーザー間、およびユーザーと管理会社の間に、消せない遺恨が生まれたのはこの時である。
5月21日 虹鯖監禁事件
第1回・鯖落ち祭り。中にいたユーザーもろともサーバーが落ち、強制落ちさせられたユーザーはログオフ処理がなされていないため他サーバーへの再ログイン不可という、恐ろしい状況に。またも土日は対処されず! 監禁されたユーザーたちの間で、暴動が起きる。
自分は出かけていて無事だったが、どうもINしていた連れが鯖に監禁されてしまったらしく、土日は会えず。一人寂しくドリルしながら復旧を待ってみた。
5月23日 対処されたのは土日明け。(二回目)
週末まるまるの監禁事件に、ユーザーの不満はもはや臨界点突破。
期限つき有料アイテムを買っていたユーザーの一部が消費者センターへ駆け込む事態となる。
不満頂点・初期ユーザ大量引退期
6月1日 鯖落ちで嫌気が差してしばらくINしていなかったため、ここらの状況は知らないが、どうやらその後も何度も鯖落ち祭りがあったらしい。一日で全鯖陥落とかいう楽しい日もあった模様だが、6月に入ってからは、とりあえずマシ…に。
ひさびさのINで、メインキャラのレベルが100に到達。5月に較べれば、ラグもだいぶ解消されていたが、画面切り替えるたびに止まるのは、直っておらず。ゲームサーバではなくメールサーバが落ちてしまい、サポートメールさえ届かないという状況が発生する。(これも何度目かの鯖落ちだったらしい)
6月12日 ガチャ実装事件
最近、鯖落ちてねーんだなぁ。そろそろ転職来たか? と思いつつ見るとガチャ実装。なんじゃこりゃ!!!
ガチャガチャかよっ、金かよーーー!!
と、絶叫するも獅子人形欲しさにウッカリ手を出してしまう。2000円さよなら。
あとで冷静に考えると、どう見積もっても高すぎ。しかもガチャとともにPTバグも実装。かなりのユーザーが愛想をつかした模様。そこで敢えて課金銃を買ってあげたオレは、ジークレストに優しすぎると自分で思った。
でもなんだかんだ言って、ガチャで出る人形は好きよ。カツラとか護符がいらんだけで。
? ハンゲ提携事件
よろしくないユーザが多いという「ハンゲーム」と提携。トリスタ内に大量の初心者・新規ユーザがなだれ込んだ、…らしい。このあたりINしていないのでよく分からない。
6月20-21日 半日メンテ事件
前日真夜中から始まった緊急メンテが、21日夕方になってようやく終了。当初の予定では30分と告知されていながら、実質、半日メンテしていたことになる。メンテ終了予定を12時間延長という予想のナナメ上をいく管理っぷり。
そしてメンテ後に落ちてきたパッチで、日本語入力がおかしくなり、ラグい時間帯でも唯一まともに使用できていたチャットすら障害の範囲に含まれてしまうことに…。
カーネルの呪縛事件
さらに破壊は続いていた。この日のパッチをインストールした中で、Windows98、Meという、やや古めの9x系OSを使用しているユーザと、NT系を使用している一部のユーザが、カーネルエラーのためゲームに接続できなくなってしまう。ゲームにINすら出来ない、ゲームを起動しようとするとOSごと強制終了という未曾有の大惨事に…。
え、何、オレ? オレのはWinXPだよ? 引っかかってないって。大丈夫、引っかかってないからさ。
連れは引っかかったけどね(涙)
6月23日 新鯖オープン。名前は「ファンタジア」。ラグはけっこうマシになってるっぽい…が、昼間長時間INすることがないので、よく分からない。とりあえず皆が切望した新鯖はようやく投入されたわけだ。

ヒマなので、作ろうとほったらかしてあったこのサイトを形にしてファンサイトに登録してみる。
トップページの言葉は、こうした。「メンテに飽きたら、HTMLを学ぼう」
そして9x系接続不可バグは絶賛放置中のまま、週末へ…。(三回目)
6月30日 ウブス港マップ、ロビンのTMクエスト実装。例によってメンテは延長に継ぐ延長。
また、ポプリダンジョン実装以来の(待ち望んだ、そして少し遅すぎた)大型アップデートに、ログインユーザが増えすぎ、いつもの鯖落ち祭りも。もはやその辺りは想定の範囲内なので、オレは早朝4時に起きてプレイしたぜ!(オイ
ここらへんで年表1はターンエンドッ!
9x系OSの接続不具合はようやく解消。お帰りマイフレンズ。敵の魔法も復活したヨ。
が、それに伴い文字入力バグは、過去に修正されていたぶんまで含め、再実装。一進一退とはまさにこのこと。
しかもドリル中にドリルが見えないという謎バグ新実装。「空気イス」ならぬ「空気ドリル」アクションを楽しめるようになる。




↓戻る次へ