爺の憂鬱ーあんまりサーバが落ちたことにしないほうがいい…。


最初に疑問を感じたのは、トリスタで「5日間メールが受信できていませんでした」告知が来たとき。
ちょうど大規模な障害が発生していて、クレームメールが多かったものと思われるが、それでもマイナーゲーであるトリスタのユーザーの一部がメール発射したくらいで、メールサーバに異常なんて出るか? つかメール鯖なんて落ちねぇだろ? ハァ? …っていう。


どうやったらサーバに障害を発生させて、しかもその原因に気づかずにいられるのかオレに教えてくれないか

「DNSの設定でも間違えたのか?」「つか、リターンメールすら無かったわけだが…」など、色々悩んだ挙句、外から爺のネットワーク状況を確かめてみる気になったわけだ。たびたびメールサーバに障害を起こしていながら、公式には何も発表しないから、勘ぐりたくもなったわけで、決して一般企業や一般人に対してここまではしない。。
「だから何?」っていう人はスルーで。分かった人はお察しください。


====================================================
nslookupでサーバIP割り出し

Name: ssl2.gcrest.com   <ブラウザで見えるURL ※ログイン画面・サイトデータのあるサーバ
Address: 221.246.251.104  <本体

Name: ssl3.gcrest.com   <ブラウザで見えるURL
Address: 203.104.255.140  <本体


====================================================
【221.246.251.104】のNIC登録情報をWho is検索

Network Information: [ネットワーク情報]
a. [IPネットワークアドレス] 221.246.251.64/26
b. [ネットワーク名] DERBY                          <別サービス「競馬伝説Live!」と同じネットワーク
f. [組織名] 株式会社ジークレスト
g. [Organization] Gcrest CO.,Ltd.
m. [管理者連絡窓口] SS7486JP
n. [技術連絡担当者] TI8616JP
p. [ネームサーバ]
[割当年月日] 2005/01/06                          <参考:トリスタ正式サービス開始 2005年1月末
[最終更新] 2005/01/06 10:53:02(JST)

上位情報
----------
株式会社ユーズコミュニケーションズ (U's Communications Corp.)   <元はユーズコミュニケーションが確保したIP
[割り振り] 221.240.0.0/12
株式会社ユーズコミュニケーションズ (U's communications Corp.)
SUBA-468-BQ0 [SUBA] 221.246.251.0/24


====================================================
【203.104.255.140】のNIC登録情報をWho is検索

該当するデータがありません。

参考:RIRのWHOISサーバ
・APNIC WHOIS(whois.apnic.net)
・ARIN WHOIS(whois.arin.net)
・RIPE WHOIS(whois.ripe.net)
・LACNIC WHOIS(whois.lacnic.net)

====================================================

ssl2サーバは途中のルータがtraceのパケットを返さないので、
ssl3に対する経路をtracertコマンドで洗ってみます。


Tracing route to 7a-d07-b4.data-hotel.net [203.104.255.140]
over a maximum of 30 hops:

1 1 ms 1 ms 1 ms 192.168.xxx.254 (自宅から外に出たところ)
2 2 ms 2 ms 2 ms ******** [******]
3 5 ms 3 ms 3 ms ********
4 4 ms 3 ms 3 ms ********
5 4 ms 3 ms 3 ms ********
6 6 ms 6 ms 5 ms *******(うちのプロバイダから外に出たところ)
7 5 ms 5 ms 6 ms 210.173.176.29
8 6 ms 4 ms 4 ms ni40g-ve12.data-hotel.net [203.174.64.146] <「データホテル」というデータセンターに突入
9 5 ms 4 ms 4 ms c65-7a-r-v40.data-hotel.net [203.174.64.170]
10 5 ms 4 ms 4 ms 7a-d07-b3.data-hotel.net [203.104.255.138]
11 6 ms 4 ms 3 ms 7a-d07-b4.data-hotel.net [203.104.255.140]  <=ssl3.gcrest.com  ゴール

データホテル
http://www.datahotel.ne.jp/
(…24時間監視? じゃあサーバ落ちても放置は無いよな普通…)

====================================================

ちなみに、メールを送信した時点で相手方のメールボックスが満杯だったり、メールサーバ自体が停止していたりした場合には、メールの差出人にリターンメールというのが送られてくる。「メールが受信できていませんでした」と発表があった時、リターンメールは無かった。(何処からもそういう話は上がらなかったし、現に私も不具合報告を送った一人だから来なかったのはわかる)

MTAの設定でバウンスを解除していればリターンメールを出さないこともありえるが、試しにtrickster.jp上の存在しないアカウントあてにメールを送ると、リターンメールが来た。ということは、バウンスは設定されている。
リターンメールを出さず、しかも何日も気づかないメール受信障害とは何か? というか、「メールを受信できていなかった可能性」とは? 確かに、一日中一通もメールがこなければ、すぐに気づくのだろうが… 逆に一部が受信できていないなら、なぜ、その一部が抜け落ちているとわかったのか。一部だけ受信できて一部が受信出来ないなんてことがありえるのか。
そんな器用な設定、出来るのか?

まあ、あとはご推察のままに。外部から推測できることには限界があります。少なくとも私は、「こいつらダメだ」という結論でしたけどね(笑)