5


 翌朝、ロードは日の出とともに村を出発した。昨日の村長の頼みごとを果たすためだ。丘の周辺はうっすらと朝靄に包まれ、光が乱反射している。
 「へー、なんか西のほうと森と全然ちがーう」
フィオは物珍しそうに辺りの風景を見回している。「見たことの無い花が一杯咲いてる!」
 「ピクニックじゃないんだから、道草はなしだぞ」
 「分かってるわよー。」
ついてこなくてもいい、と言ったのだが、一人で待っているのは退屈だからと強引についてきたのだ。だが、フィオでなくとも心が浮き立つ気持ちは分かる。今は春の盛り、若草の香り、川べりには黄色い春の花がぽつぽつと咲いている。目的が<影憑き>狩りでなければ、さぞかし楽しかっただろうとロードも思った。
 目的地は、小川に沿って歩いた先にある低い山々だ。川が流れているあたりが削れて谷になっていて、村人たちはそこから山に入っては薪や山菜、薬草などを集めている。だが、普段なら誰かしらとすれ違う川沿いの獣道も、今はしんと静まり返り、鳥の声だけが響いている。村長の出した"しばらく谷に入るな"とというお触れは、守られているようだった。
 歩いているうちに、左右の山が少しずつ険しくなり、谷には光が届かなくなった。ふいにフィオがぴたりと足を止める。
 「…どうした?」
 「なんかおかしいの」
そう言って、少女は微かに眉を寄せた。「動物たちの気配がしないわ」
 「そういえば…そうだな」
谷の入り口で聞こえていた鳥の声も、今は聞こえない。川の流れる音以外せず、辺りは、不思議なほど静まり返っていた。
 谷からは湿気を帯びた冷たい風が昇ってくる。村長の言ったことは大げさではなかったと、その時になって彼は初めて確信した。
 ロードは、それとなく腰からナイフを一本抜いた。
 「近くに<影憑き>がいるのかもしれないな。この谷は、昼間でも光が直接当たらない。」
ゆっくりと歩き出すと、フィオも後ろからついてきた。谷間を流れる水の音が、次第に大きくなってくる。
 「この先に、滝がある」
行く手に光が射している場所が見えていた。獣道の終着点だ。<影憑き>は、光のあたる場所には出てこられない。
 「あそこまで行けば――」
言いかけたロードの腕を、フィオがぎゅっと掴んで引き止めた。
 「待って」
 「何?」
 「…聞こえない?」
耳を澄ませると、静寂と水の音にまじってギチギチと奇妙な音が聞こえた。谷間に反響して、どこから聞こえてくるのか分からない。不愉快な、背筋に冷たいものが伝い落ちるような音だ。
 近づいて来る。
 「一体、どこ…」
言いかけたとき、直ぐ側の茂みが大きく揺れ、黒い影が飛び出してきた。
 「きゃあっ」
 「フィオ!」
ロードはとっさにナイフを投げた。灰色の毛玉がぱっとフィオを離れ、数歩飛び退る。避けようとした少女の身体が、道を大きく外れて小川のほうへ滑り落ちる。
 それは、大きな狼だった。わき腹に折れた矢が突き立ったままだ。村長の見たという<影憑き>は、これに違いない。
 「…誰かが仕留めそこなったんだな」
或いは、猟師に狙われて息絶えかけていた躯に<影>が取り憑いたのか。しかし、そんな死にかけの体とは思えないけほど、相手は素早い。油断したら喉笛を掻き切られる。
 ロードは、相手に隙を見せないよう用心深く谷間のほうに近づき、足元を覗き込んだ。
 「フィオ! 立てるか」
 「う、うん」
フィオは、スカートを払いながら立ち上がった。牙にひっかけられた袖口が破れてはいるが、噛みつかれなかったのは幸運だった。少女は顔を真っ赤にして狼を睨みつけている。 
 「あれを倒せばいいのね?」
 「ああ、でも…」
 「いくわよ!」
叫ぶや否や、彼女は胸元に手をやり、何かを呟いた。途端に、空中で燃え上がる炎が辺りを明るく照らし出す。ギチッ、と不快な声を上げ、灰色狼の姿が闇に跳躍した。
 「おい、無茶す…」
 「いいから、狙って! 来るわ!」
はっとして、ロードは後ろを見た。驚いたことに、狼は逃げようとはしていない。茂みに半分体を沈めながら、灰色に濁った眸で獲物を狙い続けている。やがて、その姿が木立の間の藪に消えた。
 ざ、ざ、ざ。
 下草の中を移動する音が響き、やがて足音が消えた。だが遠ざかっているのではない。隙をつくため、場所を移動しているのだ。音が消えても、ロードの眼には<影>の姿がはっきりと映っている。それは普通に見える風景とは違い、黒々とした煙のようなものが流れていくイメージとなって眼に映っていた。
 影がぴたりと止まる。
 「そこだ!」
ロードは狙いを定めてナイフを投げた。投げると同時に、腕輪を嵌めたほうの手を宙に掲げ、反発の力を加える。ナイフは宙で加速し、茂みを貫て真っ直ぐに狼のわき腹に突き刺さった。ギチギチという悲鳴。狼は一瞬よろめいたものの、やはり<影憑き>には一撃では効かない。素早く身を翻して逃げようとした。だが、
 「甘いわよ!」
叫んで、フィオが宙に指先で円を描いた。と、周囲の草が突然発火し、丸く囲んでゆく。赤い輝きに照らされて、狼が宙に踊りあがった。
 「火を投げつけるだけと思わないことね」
勝ち誇った笑みを浮かべる少女。続けて、ロードは二本目のナイフを狼の前足めがけて放った。逃がさないためだ。
 狼のギチッという不快な悲鳴が、辺りに響き渡る。炎の円の中に閉じ込められた狼の体は、黒い塊に見えた。肉と、毛皮とが燃える匂い。
 ――火の中で動かなくなった獣は、やがて、燃え尽きてただの炭の塊となった。
 <影>が消えてゆくのを眼で確かめて、ロードはふうと小さく息をついた。
 「やったみたいだな。」
言いながら、狼に近づいて二本のナイフを順番に引き戻す。フィオは黒い燃えカスになった狼には見向きもしない。あまり気持ちのいい光景でないのは確かだ。
 「これで終わり?」
 「そうだな、一応は。でも、あの奥までは行ってみよう」
そう言って、彼は行く手に見えている広場のほうを指差した。村長の言っていた、「谷の奥で何かが光った」という言葉も確かめなくてはならない。



 滝の音が間近に聞こえる開けた場所にたどり着いたとき、二人は、思わず言葉を失った。
 天頂へと向かう太陽の暖かな光が降り注ぐ谷間の開けた場所。そこに広がる風景は、ロードの良く知っているものではなくなっていた。
 「…何だ、これは」
地面がえぐれ、下草が吹き飛び、岩が高熱で溶けたようになっている。ただの雷などではない。山火事でも、ここまで酷いことにはならないだろう。
 「西の森とおんなじだ…」
呆然とした様子で呟いて、フィオは、一歩、広場の真ん中へ近づいた。
 「シルヴェスタでも同じことが? …これ、どう見ても魔法だぞ。」
 「魔法?」
 「岩が溶けるほどの温度なんて、普通の方法じゃ無理だ。」
 「……。」
少女は、胸の魔石に手をやった。
 「誰か魔法使いが、ここで<影憑き>と戦ったのかもな。さっきのお前みたく、襲われて逆上してたのかも」
 「何よ」
むっとして口をとがらせたフィオを見て、ロードは笑った。暖かな日の光の下にいると、緊張は自然と解けてゆく。さっきまでの谷間とは雰囲気が全く違う。目の前を流れ落ちる細い滝の水しぶきには、光に照らされて小さな虹が映っている。微かに鳥の声も聞こえた。陽の射すこの辺りだけは、動物たちの気配がある。
 「…にしても、あの狼は一体どこから来たんだろうな。人間を襲う<影憑き>なんて、そうそう会えるもんじゃないと思ってたんだが」
 「あら?」
フィオが声を上げ、どこかへ駆けていく。
 「どうした?」
振り返ると、少女は茂みの中から黒っぽいなにかを拾い上げていた。
 「鴉みたい。ケガしてるけど、まだ生きてる」
フィオが抱き上げているのは、胸元の羽毛だけ白い色をした一羽の鴉だった。翼の付け根のあたりに血が滲んでいる。この辺りでは珍しい、ワタリガラスのようだ。冬になると南に渡り、夏になれば北の山脈に戻る。この辺りは渡りのルートではないし、季節からして、とっくに北に戻っているはずなのだが。迷い鳥だろうか。
 「魔法に巻き込まれたのかな。早く手当てしてあげないと」
さっきまで鬼の形相で<影憑き>相手に攻撃していたというのに、今は打って変わって、優しい表情になっている。ロードは苦笑しながら、自分のカバンを開けた。
 「…しょうがないな。ここに入れろ。村に戻るぞ」
 「うん!」
ひとまず、村長からの依頼は果たしたのだ。谷での仕事は、今はこれで十分なはずだ。



 村長への報告を終えて家に戻ってみると、台所の脇のテーブルでは、フィオが、鴉の傷を手当てしようと奮闘中だった。カバンから取り出した見たことも無い薬草を並べ、すり鉢でそれらを摺りあわせている。ツンとくる匂いが部屋一杯に漂っていた。早めに灯したランプの灯が、机の上で揺れる。
 「その荷物、やけに匂うと思ってたら、中身、薬草だったのか…」
 「旅の必需品よ! 森で採れる薬草はすごく効くんだから」
そう言って、フィオはテーブルの端の籠に寝かせた鴉の翼に包帯を巻いている。
 「どうだ、そいつ」
 「大丈夫。今は弱ってるけど、すぐ飛べるようになると思う」
彼女の手元では、濡れ羽色の翼を持つ鴉は嘴を胸の羽毛に埋めたまま、なすがままにされている。しばらくそれを眺めていたロードだったが、ふと、あることに気がついた。青白い仄かな輝き――羽根の下からだ。
 「そいつ…」
 「ん、何?」
胸の白い毛のあたりに、ちらちらと輝く光は見間違うはずもない。彼は、傷ついていないほうの翼を持ち上げ、鴉の胸の毛を探った。
 「魔石っぽいものが中にある…? あ、痛っ」
こっぴどくつつかれて、ロードは手をひっこめた。
 「あはは」
フィオが声を立てて笑う。
 「そんなとこ探っちゃ嫌がるわよ。残念ね」
 「ったく…ま、元気になったんならいいけどさ」
鴉はというと、不機嫌そうな顔で嘴を胸の羽毛に埋めなおしている。その胸元には、確かに光が見える。だがそれは、フィオの持っているような魔石とは違い、心臓のように明滅している。そして、小さいのにひどく強い光だ。体の中――何か石を飲み込んだのだろうか。それにしては…
 「村長さんへの報告は終わったの?」
話しかけられて、彼はようやく我に返った。
 「ああ。でも、これで終わりじゃない気がしてる。隣町でもそうだったが、人を襲う<影憑き>ばかり頻繁に出てくるなんて、どう考えたっておかしいんだ。」
 「<影>が増えたんじゃないの?」
 「それは何故だ? そもそも<影>ってのは、何処から沸いてくるんだ」
 「…え、…うーん」
フィオは困った様子で首をかしげている。彼女も知らないのだ。当たり前だ。誰も、普段はそんなことは考えない。
 「そういう難しい話は、"賢者"にでも聞け、ってことか。…」
呟いて、ロードは日が暮れかかる窓辺から海のほうを眺めやった。果たして本当に、マルセリョートの先に"海の賢者"はいるのだろうか。


前へTOP次へ