<本編3>

 17


 近づいて来る足音に気づいて、我に返った。

 夕暮れの日差しの残り火が西に消えようとしている。いつしか、日暮れも過ぎていたらしい。どのくらいここにいたのか――長い時間が経ったような気もするが、実際はほんの一時間かそこらだったのかもしれない。戻って来た時は既に、午後も遅くなっていたはずだ。
 近づいてきたのはヒルデだった。
 「そろそろ夕飯が出来そうなので――。召し上がりますよね?」
 「そのつもり。レヴィは?」
 「居間でお休みになってます。ソファで」
 「ああ。」ロードは口元を緩めた。「あいつ、あそこが気に入ってるから。飛び回って少し疲れてたんだろ。食べ物の匂いを嗅げば起きてくるさ」
 「ロードさんも…お疲れなんじゃないですか?」
 「おれは、特に。何もしてないから」
手に握ったままだったナイフを腰のベルトに収めながら、ロードは、ひとつ小さく溜息をついて空を見上げた。夜の帳が下りて、空にはもう、星が輝き始めている。空の中にある自分の星だけは、どんな風に視線を投げてもすぐに見つかる。目が合うような感覚と言うべきか、まるで空からこちらをじっと見ているかのようだ。
 「ハルやフィオたち、巧くやってるかな」
 「何も知らせが無いんですから、きっと大丈夫ですよ。…今夜は月はまだですけど、そのぶん、星空がきれいですね」
 「そうだな。島のほうが綺麗に見えるけど、ここでも十分。――そういやヒルデは、島の星空はまだ見たことがないんだっけ?」
 「ええ。そんなに綺麗なんですか」
 「綺麗だよ、すっごく。波の無い浅瀬に立ってると、星空が水面にも映って、足の下まで星空のような気がして。まるで空に浮かんでるみたいでさ。今度、見に――あ」
 「どうされました?」
 「…いや、…」
聞こうと思って聞けなかったこと、ずっと気になっていたことが喉元までせり上がってくる。「いつか」の未来を約束するということは、それまでの間、彼女がここに住むことが前提となってしまう。春になれば、ここに住むようになって一年が経つ。当初は予想もしていなかった長い時間。供に過ごしてきた日々は、ヒルデにとって義務ではなかったのか。
 「ヒルデ…、いつまで、この村に居るつもりなんだ?」
 「いつまで、とは。」
 「家には帰らないつもりのか? このままここに居ても…。お見合い話だってあったんだろ?」
 「……。」
 「恩返しだったら、もうとっくに終わってるよ。十分すぎるくらい返してもらった。だけど、おれからはこれ以上、何も返せないんだ。ごめん」
ヒルデの表情が、驚きと、別の何かに変わっていくのが判った。怒らせてしまったのだろうか。怖くなって、ロードは視線を空へと向けた。どう言えばよかったのだろう。言わないほうが良かったのだろうか。空には無数の星が輝いているのに、どの星も知らん振りで、こんな時には何も言ってくれない。
 「ロードさん…、わたし、見返りが欲しくてここに来たわけではないんです。最初は本当に恩返し…いえ、興味だけでした。でも今は違います。わたし、いまは…」
振り返ると、ヒルデはぎゅっと自分の拳を握り締めて、大きな眸を見開いてロードを見つめていた。
 「あなたと一緒にいたいんです」
その瞬間、自分がどんな顔をしていたのかはロードにも分からない。ヒルデの言葉は、彼が予想していたどれとも大幅に違っていた。
 「……、…えっ…と?」
 「だから。わたし、ここにいたいんです! 村での仕事も見つけましたし、あの、同じ家にいてご迷惑なら別の家を探しますから。邪魔はしませんから、居てもいいでしょう?」
 「えっ、いや…何言ってるのか良く…」
 「やっぱり迷惑ですか?」
少女の目に涙が浮かんだ。
 「ほかに好きな人、いるんですね……。」
 「え、え? 好きな人って、どういう」
 「あの<王立>の女の人ですか?」
 「シャロットさん? 何で?」
 「違います…?」
 「違うも何も、そんなこと考えたこと無いよ。好きって誰が誰を? 話がよく見えなくて」
 「……。」
気まずい沈黙。恐る恐る、疑いながらヒルデが口を開く。
 「…ロードさん、もしかして、今まで誰かに告白されたことないんですか」
 「あるわけないだろ。女の子にモテた覚えもないし、ていうか好かれる要素なんて無いし」
 「本気で言ってます? それ」
 「…うん」
 「何だか腹が立ってきたわ」
言うなり、ヒルデはいきなり、ロードの顔を両手で掴むと、思い切り自分のほうに引き寄せた。次の瞬間に起きたことは、ロードにとっては人生で初めての謎めいた出来事だった。
 顔を離しながら、ヒルデは燃えるような眸で腹立たしげに囁いた。
 「色々悩んだのに! サーラやリスティさんにまで相談してたのがバカみたい。」
それから、突き放すようにロードの胸をこづいて、さっさと一人で家の中に戻っていってしまった。
 「…???」
口元に手をやりながら、ロードはしばらく考え込んでいた。それから、遅れてようやく何をされたのかに気がついて、前身が真っ赤になっていた。
 (今の…まさか…)
彼は思わず、両手で顔を覆って座り込んでいた。
 (どうすればいいんだよ、これ…)
 「おーいロード、メシ出来たってよー」
玄関のほうから、全く空気を読まないレヴィの、寝起きでどこか呆けけような声が響いてくる。
 「早く戻ってこいよ。お前がいないと始まんねーだろ」
 「さ、先に食べてていい! すぐ行くから!」
慌てて両手で風を当てて火照った顔を覚ましながら、彼は、さっき間近で見た、ヒルデの拗ねたような表情を思い出していた。一体いつから――どうして――、尋ねたいことは山ほど思い浮かぶのに、一つとしてまともに聞けそうに無いことは、自分自身がよく判っていた。



前へTOP次へ