Ending:Zero 語られなかった物語


 馬が白い息を吐き、行く手に広がる黒い潮の流れを見つめる。空と大地はそこで終わりを告げ、その時には、虚無のくらやみだけが広がっている。
 海は、断崖絶壁の向こうへと流れ落ちている。
 「あーあ、ここで終わりかぁ」
地図を丸めて、フリーダは溜息をつく。世界の果て。羊皮紙の上に描かれた世界も、ここで終わりだ。
 「ねえソール、私たち、すごく遠くまできたわね」
 「ああ。そうだな」
 「色んなものを見たわね。凍て付く山脈、燃える星々の輝く夜空、緑のどこまでも続く平原…」
 「うん。色んなものにも会ったな。人間にも、妖精にも、精霊にも、生きた岩や喋る木にも…」
頷いて、彼は、隣の馬の上に視線を向ける。
 「次は、どこへ行きたい?」
 「そうねぇ…」
小さく首を傾げて考え込んでいた銀髪の少女は、ふいに、笑みを浮かべた。
 「ヴィークリーズの山」
振り返って、ソールの表情に浮かんだ驚きを確かめながら言う。
 「キミと初めて会った場所。あの森がまた見たいわ。ね、どうかな」
 「……ああ。それはいいな」
ソールの顔にも、笑みが広がっていく。
 「今頃はきっと、まだ冬だな。でも春になったら、あの森にはたくさん花が咲くんだ。綺麗だぞ」
 「楽しみね」
馬の上から伸ばした白い手が、ソールの腕に触れる。その手には金の腕輪が揺れる。ソールは、その手を握り返した。


天を突くヴィークリーズの頂は冬の玉座
 黄金の鎚の眠る場所
  春告げの風の吹き来る場所――

fin.


前へTOP