じまり


――およそ百年前、千年近く続いたと言われる「神魔戦争」が終わった。

 ”神と魔王が戦った”。

そう伝えられる戦争の全貌を知る者は今はいない。
世界を包み込んだ大いなる潮流の中、人間は、何とか生きながらえたに過ぎず、
全てが終わったとき、世界はかつての法則を失って、新たな理<ことわり>のもとにあった。

 平らなテーブルだった世界は丸くなり、
 三つあった月が一つになり、
 冥界と妖精界が地上と統合され、
 神が滅ぼされて魔族も消え、
 世界は太陽の周りを回る存在になったという。

伝えられる断片的な伝承と、果て見知らぬ地図のない世界。
これは、そんな新世界を旅した人々の物語。


表紙 ┃ 戻る ┃ 次へ