3


 どのくらいの時間が過ぎただろう。いつの間にか、少し眠っていたらしい。
 岩間を吹き抜ける激しい風の音が弱まっている。砂嵐の切れ間から覗く高い空の色からして、午後も、だいぶ遅い居頃合いか。目が覚めたのは、揺さぶられたせいだった。
 「起きたか?」
ワンダが、きらきら光る目で見下ろしている。リゼルは、まなこを擦りながら背を伸ばした。熱い風の吹く荒野のただ中、砂の上で眠ったせいで、体がだるく、背中が痛い。喉はからからだった。声を絞り出すのもやっとだ。
 「…どうしたんだ? 何か、あったのか」
 「いっぱいのニオイがするぞ。人がいっぱい。ずーっと、周りにいる」
リゼルは、はっとして岩の隙間から外をのぞいた。辺りに視線を走らせる。
 「参ったな…」
 「どうしたの?」
少し遅れて、シェラも目を覚ましたようだった。
 「囲まれてる。」
おびただしい数の人の息遣いが、リゼルたちのいる崖下の穴を取り囲んでいるのが分かる。眠っている間に風に紛れて近づけば、剣の鞘鳴りも足音も、かき消すことは容易かっただろう。
 シェラが武器を探そうとするのを見て、リゼルが止めた。
 「戦うだけ無駄だ。問題は、相手が誰なのか、だ。」
今や、包囲網はリゼルたちからもハッキリ見えるほど狭められている。
 シェラには分からない言葉で会話が交わされている。相手には通じないと思ってか、声をひそめる様子もなく大声で怒鳴っている。リゼルは、その声に注意深く耳を傾けている。
 「ねえ、あれってハザル語なの? 何て言ってるの?」
 「子供と女と犬が一人、旅人、って言ってる」
 「ワンダ、犬じゃないぞ!」
 「しっ。静かにしなさい、分かってるから。」
 「少なくとも、敵じゃなさそうだ。」
リゼルは立ち上がり、取り囲んでいる集団に向かって、何事か叫んだ。そのとたん、喧騒がぴたりと止んだ。
 武器を手にした一団は、溜みな一様に黒い擦り切れたマントを羽織っていた。手にした幾多の刃は、確かに真っ黒。光を全く反射せず、闇夜では暗殺の格好の道具になる。
 その一団の中から進みでてきたのは、一人の少年だった。リゼルよりは少し年下くらいか。闇のような黒髪を肩のあたりで切りそろえ、肌は日に焼けて浅黒い。いかにも荒野の民らしく、砂になれた軽い足取りで、用心深く、武器を手にしたままリゼルに近づいていく。
 「いま、我らの言葉で話しかけたのはお前か」
訛りのない、きれいな共通語だ。
 「そうだ。」
 「”王の使い”と言ったな? それは本当か」
リゼルは懐から、あの金の紋章を取り出して、少年に見せた。「これを預かってきた。」
 「…女と獣を連れて、使者だと?」
ちら、とリゼルの背後を見やった。
 「二人は道連れだ。使者は私一人。ほかの連れとは…途中ではぐれた」
 「なるほど」
信用したのか、していないのか、少年は、後ろの一団にむかって自分たちの言葉で叫んだ。「王の使者だ。長に伝えろ」…と。


 強い風で岩にぶつかる砂の音が、時折悲鳴のように聞こえる。
 何も無い荒野の真ん中。そこに作られた仮住まいの集落は、石に寄り添うようにして立つ粗末なテントが幾つかと、石を積み上げて作った小さなかまどから成り立っていた。
 側には、互いの手綱を繋がれた薄いクリーム色の毛をした馬に良く似た獣が、ひとかたまりになって風に耐えている。砂ラバと呼ばれ、乾燥に強く、荒野で荷を運ぶのに使われる動物だ。ここに集まって来たハザル人たちの乗り物なのだろう。
 連れて行かれたのは岩場の奥にある仮集落だった。くぼんだ岸壁には黒々と水の跡が刻まれ、そこがかつては湖だったことを伺わせる。だが今は一滴の水もなく、その岸辺には、立ち枯れたまま何百年も経過して石の様になった白い樹木の欠片が、まるで骨のように不気味に散らばっていた。
 そこは、まさしく、シェラが視た「枯れた湖」なのだった。
 客人用のテントに案内され、待たされることしばし。
 間もなく、さきほどの少年に釣れられて指導者らしい人物が姿を現した。
 背の曲がった老人だった。白いものが混じった髪は長く垂れ、金属めいた光を放つ石、ヘマタイトの飾りを両耳につけている。両側に武装した護衛らしき男たちを引き連れて、その雰囲気からして、長と呼ばれるに相応しい人物だった。
 老人は、リゼルの差し出した黄金の樹の紋章をまじまじと眺め、それから、三人を順繰りに眺めた。
 「“さても、珍しい。数多の土地を巡ってきたが、ルグルブとアジェンロゥがともに現れることは絶えてなかった”」
だが、それはハザル語だったため、リゼル以外の二人には理解出来なかった。
 「リゼル、何て言ってるの?」
 「ルグルブと、アジェンロゥ… 獣人のことだよ、それを見るのは珍しい、ってさ。”彼らは、王に仕えているわけではない。わけあって、途中で道を同じくした、ただの旅の連れだ。私は――”」
ハザル語での挨拶に対し、さきほど道案内をしてくれた少年が共通語で答える。
 「こちらは、我等の族長、グウェン様だ。貴様らの言うことは、おれが通訳する。共通語で構わない」
 「”こやつは、ディー。わしの孫だ。このとおり、中央語は十分に扱える。ご安心召されよ”」
間もなく、テントには、客人をもてなすための料理と飲み物が供された。と、いっても、平たい、塩味だけのパンと干した肉を水で戻しただけの粗末な食事だったが、荒れた土地を旅するハザル人にとっては、これでもごちそうなのだった。
 「ごはん!」
食べ物を目にするや、ワンダは悲鳴にも似た声を上げ、片っ端からがっついた。
 「ちょっと。そんなに一気に食べたら喉に詰めるわよ。」
 「もがっ… ふぐぐ」
ハザル人たちが笑っている。指さして何事か話しあっているが、物珍しさと滑稽さからくる話題で、概ね好意的にとらえているようだ。この場をなごませるのに一役買ってくるていることに安心して、リゼルは長との話を続けた。
 「しかし、どうしてあんなに警戒されていたのですか。武器を持って、まるで誰かを追っているようでしたが」
 「まさに、そのとおり」
と、ディーが通訳する。「我らの集落の周りをウロついていた不審な輩がいたのだ。使者である、そちらなら判るだろう? 今、この時―― 王国からの返事をまっている、まさにこの時だからこそ、長は警戒を命じられた」
 「私が知っているのは、ハザルの民が議会に二つを要求されたということです。一つは、議会への参加。それについては、既に公にされています。しかしもう片方については、私を含め、誰も知りません」
 「ほう?」
これには、長も意外だったようだ。「返事を持ってこられたのでは、なかったのか」
 「…その返事を持っていたはずの代表者が、行方不明なのです。」
話題に気がついて、シェラは、それとなく耳を済ませた。
 「我々の出発は内密にされていた。にもかかわらず、王都を出てすぐに何者かの追跡を受けるようになりました。そこで、途中の町で二手に分かれることになったのですが、ちょっとしたトラブルがあって…。私も、昨夜は命を狙われました。」
 「返事が到着しない可能性も、あるというわけか。」
 「いえ。それはあり得ません。相手が誰だろうと、殺されるような人ではありませんから」
リゼルは語気を強めたが、その言語はすぐに弱まってしまう。
 「とはいえ、約束の期日には間に合わないかもしれません。既に到着していて、ここに来れば会えるかも、と思ったのですが…。」
 「まだ、期日までは数日ある。」
慰めるように、長が言った。「ゆっくりして行かれるがいい。その間、このディーを案内役につけておこう。」
黒髪の少年はそこまで翻訳し終えると、軽く頭を下げ、自らの言葉でリゼルに言った。
 「そういうわけだ。長の命により、これより客人の伴をつとめさせていただく。」
その日、歓迎の席は夜がふけるまで続いた。ワンダは大いに飲み食いして騒ぎ、リゼルは長と世間話をしていた。シェラは、それとなくリゼルたちのほうに近づいた。声をかけてくる男たちも面倒だったが、話されている内容にも興味があったからだ。
 「それにしても、こんなに沢山のハザル人が一箇所に集まっているのを見たのは初めてです。定住せず、散らばって暮らすものと思っていましたが」
長、グウェンは盃を傾けながら笑う。
 「ここには今、一族のほとんどの者が集まっておる。ここは我らの故郷なのでな」
 「故郷?」
 「この大陸がまだ緑に覆われていた頃に失われた、我らの楽園。ユールの約束せし大地」
 「聞いたことがある…」
リゼルは、記憶をたどるように視線を空に向けた。
 「ハザルの民が信仰する、絶対の神“ユール”…、約束の大地には、かつて神が与えた”ユールの恵み”が眠るという」
ディーが通訳すると、グウェン老人は少し瞬きをした。
 「珍しいな。王国の人間が、我らのことを知っているとは」
 「言葉を習ったんですよ、習慣だって少しは知っています。王国には、定住するハザル人もいます。両親のどちらかがハザル人、そうでなければ何代か前がハザル人だった者。あなたがたの作る美しい武器を売って生活資金として換金するためには、固定の店があったほうが効率いい」
ディーが頷く。
 「オレの両親もそうだ。部族のために、商いをしている。オレもかつては町に住んでいた」
だから共通語を話せるのだと、リゼルは納得した。
 「普段は旅をしている我々だが、何年かに一度、この地に集まる。今までは、約束を忘れぬため。だが、今回は違う…」
長、グウェンが続けた。
 「約束の時が過ぎ、我らはここへと戻ってきた」
 「約束の時?」
 「五百年。」
少年が言った。「贖罪の時だ」
 「なんだか難しそうな話ね」
唐突に、もう一つの声が割り込んできた。リゼルは驚いて振り返った。すぐ側に、シェラが座っていることに気がついていなかったのだ。
 「聞いてたのか」
 「途中からね。で、贖罪って? 今回は違うってことは、これからはここに定住するってことなの?」
 「そうだ」
長ではなく、ディーが答えた。「そのために、王国に自治権の承認を求めたのだ。」
 「なるほど、話が見えてきた。じゃあ、君たちが求めていたもう一つの依頼というのは、それに関係することなんだな」
ディーは少し迷い、ハザルの言葉で長と何かひそひそと会話していた。しばしの間。
 ややあって、少年はリゼルのほうを向いて、こう言った。
 「――長は、使者殿にも知っていてもらいたいと言っている。我らが要求したのは、”ユールの至宝”の返却。それは、アストゥールの王に預けたものと伝えられていたからだ」
 「ユールの… 至宝…?」
 「鍵だ」
少年の黒い瞳が、きらきらと輝いている。
 「伝承には、こうある。”ユールの怒りによって大地は死に、我らは約束されし緑の地を追われた。五百年の贖罪の旅、その旅が終わったとき、大地はユールの至宝もて再び開かれ、よみがえらん”。――今が、その時。」
 「その、ユールの至宝…というのは?」
 「血のように赤い玉。決して砕けることはなく、火にくべても燃え尽きることのない」
 「……まさか」
リゼルは、懐から王国の紋章を象った王黄金の樹の紋章を取り出した。ランプの光を受けて、紋章はきらきらと輝く。その中心には、赤い、不思議な魅力を持った丸い石が嵌め込まれている。代々の王の持ち続けてきた黄金の樹の紋章に埋め込まれた赤い宝玉は、いつからかは判らない、はるか昔から王家に伝えられたものだと言われている。五百年前のアストゥール建国時から伝わっていたとしても、あり得る話のように思われた。
 「だから、王はこれを…?」
シェラとディーも覗き込む。
 「その石が、そうなの?」
 「さて。見た目だけでは判らないが。」
 「可能性はある。この紋章は、本来、王が肌身離さず身につけているものだから」
と、リゼル。
 「まさか、火に放り込んで試してみるわけにもいかないが。」
 「なに。試す方法なら別にある」
そう言って、ディーは席を立ち、ルグルブ語で長に話しかけた。「長、谷に客人を案内してもよろしいか。」
 「よかろう。だが、気をつけねばな。例の連中が、まだうろうろしているかもしれん。ギスァとサイディを連れてゆけ」
 「分かりました。」
一同が立ち上がるのを見て、ハザル人たちに取り囲まれていたワンダが叫んだ。
 「まてー、置いていくな! ワンダもいくぞっ」
 「……。」
口の周りの食べ物カスを拭いながら、獣人は笑顔でリゼルの肩を抱いた。
 「ここはいいところだぞ! 食い物うまい、人もいい」
 「そう言ってもらえると、みな喜ぶだろう」
ディーの表情がほころんでいる。最初に会ったとき、殺されるかと思うほど殺気立った表情をしていたのだが。


[BACK]--[INDEX]--[NEXT]