2


 夕刻、目覚めると、リゼルは既に居なくなっていた。
 ベッドの上には、几帳面に畳まれた毛布。だが、どこかから話し声がする。まだ遠くへは行っていないようだ。シェラは目をこすりながら、ひとつ、大きく伸びをして声のする方に歩いて行った。
 リゼルは戸口の前で、誰かと話していた。聞いたことのある言葉だ。
 「ありがとう。じゃあ」
話の相手と別れて振り返ったリゼルは、そこにシェラが立っているのに気がついた。
 「――今の、マジャール人でしょ?」
 「ああ」
 「マジャール語も話せるんだ?」
少年は、ちょっと肩をすくめて戸を閉めた。「この仕事をやるには、最低三つは話せないと。特に、おれたちの仕事は、普通の外交官の知らない少数部族の言葉を通訳することだから…」
 「ふーん。そんなもんなんだ。で、何を話していたの?」
 「……。」
表情が陰る。
 「王様の行方?」
 「…かな。大した手がかりは掴めなかったけど。」
シェラは、朝食の準備に取り掛かる。リゼルは一刻も早く手がかりを追いかけたいようだったが、まだ時間は早い。
 この季節、人々は夕方に目覚め、夜の涼しいうちに活動するのだった。朝になり太陽が昇れば、また風が吹き始める。昼は厳しい直射日光の照りつける灼熱の世界。先を急ぐ旅人たちは、みな、この時間に町を発っていく。酒場の外では、これから出発しようというキャラバンが声高く談笑し、水を売りつけようとする町の人々が重たい水樽や革袋を前に声を張り上げている頃合いだ。
 「これから、どっちに行くの?」
 「東へ。」
リゼルは、小さく呟いた。「セノラの谷に、枯れた湖があるらしい。そこにハザルの民も戻ってきているとか」
 「ハザル?」
 「家族単位でまとまって移住を繰り返す、少数民族のひとつ。剣を打ち出すための良質な鉱石を求めて旅をして、岩場や谷に借りの住まいを築く。彼らの作った剣は、信じられないくらいの高値で取引される。そして掘り尽くす前にまた別の場所に移動していく。あまり人との係わり合いは持たないために知名度は低いが、優れた技巧の持ち主でもよく切れる剣を打ち出すことで知られている。――ただ、そのために”暗殺者の友”なんて、不名誉な呼び方もされる」
 「暗殺者の…友?」
 「彼らの作る剣は、たいてい小型で真っ黒なんだ。光を反射しない」
 「なるほど。」
それは確かに、暗殺者の武器にしか見えない。
 「…セノラっていうと、ここからそう遠くないわね。確か、馬で一日もあれば着くって聞いた覚えがあるけど」
 「馬を手に入れている時間はない。徒歩でいくさ」
 「あたしも行っていい?」
唐突な申し出に、出発の準備を整えていたリゼルは、思わず手を止めた。
 「馬なら、この家にあるの借りていけばいいわよ。あたしも一緒に行くから大丈夫」
 「いや、そういう問題じゃなくて…」
 「あたしにも目的があるの」
ふいに真面目な顔になって、シェラは胸のあたりに手をやった。首にかけられた鎖の先にはも、あの、謎めいた言葉を記したターコイズがぶら下げられている。
 「不吉な未来を視たの。あなたなら、知ってるんでしょ。ルグルブは滅多なことで谷を離れない。旅をするのは、使命を持った時だけ。――あたしは、あの石に書かれた文字を誰かに伝えなくちゃならないの。それが、あたしが旅をしている理由なの」
 「ルグルブ一族の使命―― ”未来を視た者は、しかるべき者に伝えよ”、か。」
 「そ。でも今まで見つけた、それらしいものは全てハズレ。手がかりは何も無いの。もし王様が知ってるんなら、あたし行かなくちゃ」
彼女の目には、強い決意が宿っている。ルグルブの民が自らの使命を語るときは、必ずそうなのだ。
 「…ルグルブは、使命を他人に語ることはない、と聞いていたが。」
 「仲間は別。信頼の証よ。だから協力させて。あたしみたいな平民が王様に会える機会なんて、多分これっきりなんだから。この石の意味を知ることは、一族にとって、とても重要なことなのよ」
シェラの眼差しは真剣そのものだ。
 「ね。お願い。」
 「……。」
数十秒ほど逡巡して、リゼルは、ひとつため息をついた。
 「分かった。でもおれは、他人の身まで守れるほど強くない。護衛も連れていけないぞ」
 「いいわ。自分の身くらい、自分で守るわよ。さ、そうと決まったら早速準備しなきゃ」
さきほどまでの真剣さと打って変わって、シェラは明るい表情になった。これから道もない荒野に、護衛もなしで出向こうという時、――おまけに昨夜は、得体の知れない何者かに命まで狙われたというのに。リゼルには、心なしかこの美女が妙にうきうきして、遠足にでも行く気に見えたのだった。


 夜も更け、窓の外はすっかり闇に沈んでいる。
 小さな緑地をより所として、何百年も前からひっそりと在る小さなオアシスは、すぐに風の向こうに見えなくなった。広々とした砂原は、見通しが利くようで、あまり利かない。始終細かな砂が舞い上がって視界を覆うからだ。
 町の方には、くすんだランプの灯がいくつか、ぼんやりと浮かんで見えた。昼間は荒れ狂っていた風は収まり、砂に曇った天窓の外には僅かながら星の姿も見え隠れしている。それは、闇の中、荒野を旅する者にとっての唯一の指標だ。
 穏やかな夜だった。邦楽を指し示す星々は余す所なく見渡せる。旅をするには、絶好の夜というべきか。
 リゼルとシェラは、馬を並べて東へ向かっていた道を知っているシェラが僅かに先を進んでいる。このあたりの地面はほとんどが岩で、砂地はあまり無い。そのため馬でも行くことが出来る。
 「ね、そういえばさ。あなたたちが旅に出た理由って、何なの? 王様が数人で旅なんて、珍しいわよね。」
 「……。」
リゼルは、黙ったままだ。
 「いいじゃない、こんな砂漠の真ん中で誰も聞いちゃいないわよ。何ならルグルブ語で話す?」
 「いや…」
少年は、眉を寄せて困っている。「何て言えばいいのか…。おれも、詳細は知らされていないんだ。」
 「どういうこと?」
 「ハザルの民から、王国議会に何かの依頼が来たらしい。知ってると思うが、この国は、このアストゥールは、王国に指名された領主たちが治める”直轄領”と、それ以外に少数部族や一部の特権者が治める”自治領”に別れている」
シェラは馬の歩速を緩め、リゼルと並ばせた。
 「あたしたちの住む谷は違うけど、近くにそういう場所があるから知ってはいるわ。自治領は、自治権を認める代わりに、数年に一度の議会に代表者を出席させる決まりよね」
 「そう。一つは、そこに席を設けてほしいという依頼だった。定住しない流浪の民は、自治領を持たないから議会への出席は義務づけられない。にもかかわらず…だ。もちろん国民である以上、出席したいというなら拒否する理由はない。が、もう一つの依頼が問題だった。」
 「もう一つ?」
 「その内容は、議会にも知らされていない。というより、そのもう一つが存在したことを知っているのは、ごく限られた人間だけなんだ。今のところは。…その内容が、扱い方によっては大事になりそうなものだったんだと思う」
王の通訳ですら知らないとは。
 いや、それどころか、王が旅に出ていることも、現在行方不明になっていることも、公にはされていない。王宮の人々もだろう。
 「それで王様自ら数人だけ連れて乗り出したっていうの? 無茶な話よね。」
 「そういう方なんだ。”英雄王”の二つ名は、伊達じゃない」
リゼルは肩をすくめた。
 「頼まれれば、ドラゴン退治だろうが妖精の国の解放だろうが一人で乗り込んでいくさ。そしていつも、こともなげにことを成して生還する。…まさに英雄と呼ばれるに相応しい、強運と、勇気の持ち主。だからこそ、この国を纏めていられる。」
 「なるほどね。そんな王様に振り回されて、部下は苦労が絶えない、ってわけだ。」
少年は、否定とも肯定とも取れない、微妙な笑みを浮かべていた。ある意味では、もはや達観の域に達しているもかもしれなかった。


 旅は順調に進んだ。
 東の地平が白みかけ、星々が消えてゆく。行く手に大きな山が見えはじめていた。
 「あれがセノラの谷の入り口よ。山のすぐ側に峡谷があるの。」
しかし、ここからでは遠すぎる。たどり着くまでには、日は高く昇ってしまうだろう。遮るもののない砂漠の真昼は、一時間も歩けば熱と日差しで倒れてしまう。
 「やっぱり一日がかりだな。この辺りで日が暮れるまで待つしか無い…か」
 「そうね。そのほうがいいと思う。」
シェラは、馬を降りて側の物陰に近づいていく。調度よさそうな崖下のくぼみが見えたからだ。が、「きゃ…!」
 「どうした?」
 「何かいる!」
悲鳴に駆けつけたリゼルが見た物は、くしゃくしゃのマントにくるまれた、ひとかたまりの黒っぽい毛玉だった。何か獣の死体のようにも見える。あるいは、人か。
 近づいたリゼルは、おそるおそるマントをめくって、すぐに、ほっとした表情になった。
 「なんだ、獣人じゃないか。」
 「獣人?」
 「アジェンロゥ、かな。東の島に住んでる毛深い種族…、最近じゃ数もめっきり少なくなって、ほとんど見かけないけどね」
もそもそとマントの下で毛玉が動いた。
 「…みず」
力なく、だが確かに人の言葉が聞こえる。
 「おみず… おみず…」
 「水?」
 「行き倒れか。ほら、水ならここにあるぞ」
リゼルが水の入った革袋を差し出すと、毛玉の中から長い耳がピンと飛び出した。
 「みずっっ!」
リゼルの上に覆いかぶさるようにして、その生き物は革袋に飛びつくや、水滴の滴るのもかまわず一気にガブのみした。
 「お、おい。そんなに勢い良く…」
 「ぷはぁっ」
キラキラと輝く黒い目が、幸せそうにきらめいた。その顔は、獣めいていてまるっきり犬そのもの。小柄で、人間の大人の半分ほどの大きさしか無く、全身が白と黒のもっさりした短い毛に覆われている。服といえば、マントを除けば腰の辺りに巻きつけた布と、頭を覆うターバンのような布くらい。もっとも、それ以外の部分は覆う必要も無さそうだが。
 「いきかえった!感謝。ありますございます」
 「……。」
リゼルは、額に手を当てた。「そういうときは、『ありがとう』じゃ、ないかと思う。」
 「そうか。ありがとう」
無邪気な笑顔を見せる。人間離れしているが、だがどことなく愛嬌のある、この不思議な種族は、例えるなら…そう、やはり「犬のような人」と、呼ぶしかなさそうだった。
 「おまえたち、ありがとう。ワンダたすかったぞ」
 「ワンダ?」
 「なまえ、ワンダラウ・クァンターレットリュシーディックベルガー。仲間はワンダ呼ぶ。」
一度聞いたくらいでは、とても覚えられそうにない名前だ。
 「おれはリゼル、こっちはシェラ。ずっと東のほうに住む獣人が、こんなところで、一人で何してるんだ」
もしゃもしゃした耳が、ぴょこんと揺れる。
 「探してるのだ。」
 「探す?」
 「お嫁さんになってくれる、毛深い人。」
 「毛深い…?」
 「獣人の表現で、“魅力的な人”という意味だ。」
リゼルが注釈し、会話を引き受ける。「島には、花嫁候補はいないのか?」
 「いないぞ。ばあちゃんとか、かあちゃんと、いもうといっぱい、だけだ。それで、そとの世界にいるかもしれないと思って、旅に出た。」
 「あらら…。深刻ね」
自身も珍しい少数部族の出身であるシェラは、同情したような口調で言う。
 「でも、こんな暑い所に、あなたたちみたいな毛の人は暮らしてないと思うわよ。」
 「そう、ここ暑い。ワンダ、くるくる目が回って道わからなくなって、困ってた。」
 「町はすぐそこだ。西の方へ進めばいい。連れて行ってやりたいけど、もう日が昇るし、おれたちも先を急いでるから…」
ワンダは、鼻をぴくぴくさせた。
 「西だな。わかったぞ。」
言うなり、その場にごろりと横になった。
 「ワンダねるぞ。おやすみなさい」
数秒もしないうちに、寝息を立て始める。リゼルは呆れ顔だ。
 「マイペースな奴だな。」 
 「まあ、いいんじゃない。どうせ夕方までは動けないんだし、ちょっと狭くなっちゃったけど、あたしたちも休みましょ。」
シェラは、日陰に二頭の馬をつなぎ、水を与えて休ませる。
 「…尻尾のある人間」
リゼルが呟いた。
 「え?」
 「あんたの見たもの」
寝転がっている獣人の背中のあたりからは、確かに、しっぽとしか呼べないような長い毛がひとかたまり、地面に垂れている。
 「この道で、当たりみたいだな。」
 「あたしは一族の中でも目がいいほうなのよ。」
彼女の言う目とは、ルグルブの持つ”遠視”の能力のことだ。「お陰で、余計なものが見えすぎることも多いんだけどね」
 リゼルは、それには答えずに獣人の傍らで壁にもたれて目を閉じた。太陽が昇りきり、強い日差しが大地を照らすと、風が生まれ、砂まじりに吹き荒れる。谷間を吹き抜ける風の唸り声が、もう、すぐ近くまで迫ってきていた。


[BACK]--[INDEX]--[NEXT]