遥かなる古えの物語
彼は最初に大気を生み出した
そこに風を生み出した
大気と風はひとつになり
天と大地の神を産んだ

そは、宇宙の始まりにして初めなるもの
それ自体で存在に至るもの
太陽であり、月であり
昼であり、夜であり
光であり、闇であり
男であり、女であるもの

始まりにして終わりなるものたるアトゥムは
世界を秩序と言う名の檻に閉じ込めた
偉大なる最初の「父」である