おえかきちゅう5  



『Kelt』の場合。

1.下絵とイメージ

風景画は、中心となるオブジェクトのイメージを最初にかためて、背景をそれにあわせて色調節することが多いです。


2.雰囲気づくり

色鉛筆なので、色をやりなおすときは消してみたり。
そんで画用紙がボコボコになるのだな、いつも(笑)


3.完成。

途中の経過ナシですが…
もともと油絵の人なので、ゴリゴリぬるわゴリゴリ削るわ、読み込みとかそういうのできない描きかたをしてました。
空の部分は水彩です。
夏に描いたので、紙がジメっててムラが出来た…。

ちなみにコレは2回にわけて読み込んだものを合成しています。
上の2枚より広範囲な風景となっております。


4.ちょっとCG

意外とデカいんだ、この原画が。
縮小サイズを決めて、ちょっとCGでホワイト入れてみました。

夏なので逆に雪をふらせて涼やかに。

実際に、本体サイトのTOPに使ったのは、雪のないほう。これは貴重画像。^−^


戻る