おえかきちゅう・2  


 描いてる途中の絵が面白い、という声にお応えして。毎回テキトーな絵描きの手順など簡単に…。



『赤い服の少女』の場合。

1.鉛筆画

シャーペンか鉛筆で、紙に下絵を描きます。
ちなみに私、「アタリ」と、いうものを入れることがありません。
アタリなし、体当たりの下絵です。あっはっは(笑)

…だからなのか、なんだか掘り込みっぽい絵です。


2.ペン入れ、色決め

カラーインクでペン入れして、全体の大まかな配色など決めるため、ためし塗りをします。色の濃い、影の部分から色付けしていくのは油彩時代のクセ?

ペン入れした時点で顔が変わってますが、よくあることです。


3.色付け

細かいところの書き込みと、色の塗り重ね。
なんか模様とか細かいところの線が増えてますが、よくあることです。
血色を良くするため、肌には必ず紅を入れてます。
血色の悪い人間は、よろしくありません。


4.ほぼ完成

ほぼ完成です。
大して何もしてないです。
あとは、スキャナで出ないようなところをチマチマ書き込んでったりします。
よーーく見比べると、影の部分に色が増えてたりしますが、たぶん分からんでしょう。

5.完成。

背景とか、ちょっとした直しとか入れて完成。
上の絵より微妙に色が薄くなっているのはスキャナの具合。
↓顔の部分の拡大。線が見えた?

+拡大図+
あまりにも塗りが「濃」すぎて、アナログ絵には見えないので拡大。
拡大してはじめて見える「色鉛筆の線」。…下線が消えかかっとりますがな(笑)


戻る