とりのことば

その鳥の言葉は誰にも聞こえないけれど、一万年に一度くらい 鳥が歌うとき
夜空や 海や 庭の木々が いつもより少しだけ 輝いて見えるそうです。