幻の夏休み

現実とも、夢ともつかない幻の夏休み
空は青く、雲ひとつ無く、
眩しいほどの輝きの中に立つ君がいた

そこがどこだったのか、
今はもう 思い出せない