緋色の研究

その、奇妙な題名の本は、
奇人として有名だったボルドー伯爵の
生涯研究していた内容をまとめたものでした

出版されるや否や、世界中で
大反響を引き起こし、
あっという間に売り切れてしまいました

間違った説が世の中に広まり
人々は、うそを信じ込み
私たちは悪魔の使いにされました

さあ、どうしましょう
ひとたび、世に出てしまった書物を
すべて取り戻すことなど、不可能です

けれどヴィオレッタは
うそが信じられているのがいやだったので
長い耳と、緋色の目を隠して
世界中の本から、
文字を消して回る旅を、はじめたのです

正しい言葉を、届けるために。