サイトTOP本館TOPコンテンツTOP

  パブロフ  


Pavlov,I,P.1849−1936

 帝政ロシア末期から旧ソ連邦初期の生理学者。
 消化腺の神経支配の研究で1904年にノーベル賞を受賞した。彼の構築した条件反射はのちに心理学に多大な影響を及ぼしたが、本人はひどく心理学を嫌っていたというエピソードがある。
 …左様ですか。

 パブロフの犬実験は有名ですね。ロシア、やたらと犬使いたがります。犬積んだ宇宙船打ち上げたりしてますもんね。…クドリャフスカ。



【関連研究】


■古典的条件付け(classical conditioning)←まんま。

 2種類の刺激が対提示されたときに生じる学習過程であり、パブロフ型条件づけ、あるいは、レスポンデント条件づけと呼ばれる。
 犬の目の前に餌おくと唾液が出るのは、餌→唾液で学習しなくても生じる自然的な反応。つまり、この場合では餌は「無条件刺激」となる。(無条件反応)
 しかし、餌を与える前にメトロノームの音を提示して音→餌→唾液という反応を繰り返していると、メトロノームの音を提示しただけで唾液を出すようになる。これは学習しないと起こらない反応なので、音は「条件刺激」、音によって唾液の分泌が増える反応を条件反応と呼ぶ。

 しかし、メトロノームの音のあとに餌を与えないでいると、当然ながら、この条件反応はだんだんと消えてしまう。(消去の過程)


■「レスポンデント条件づけ」Byパプロフ と、「オペラント条件づけ」Byスキナー の違い

 人間や動物の行動を、レスポンデントとオペラントに分離したのは、スキナー。彼は前者を、唾液の分泌ように「自然に持っている反応」とし、後者を「学習によって習得するもの」と、した。オペラント条件づけは、自発的な行動を、環境に合わせてどのように変化させていくかについての分析である。

■著書 「大脳半球の働きについて−条件反射学」岩波文庫



50音順インデックスへ   系統別インデックスへ   年表へ