サイトTOP本館TOPコンテンツTOP

  ユング  


Jung,C.G.1875−1961

 スイス生まれ。パーゼル大学で医学教育を受けた。フロイトの「夢分析」に感銘を受け、一時はフロイトと強調して精神分析学の確立を図ったが、フロイトの汎性論に飽き足らず、離反して独自の理論を打ち立てた。宗教や神話に関する研究が多いのは、ご存知のとおり。

 クレッチマーと並ぶ類型論では、リビドー(libido)を性欲に限定せず、心的現象の根源であるエネルギーと考えた。それが外部に向かいやすい外向型と、内側に向かう内向型によって、性格の違いが生まれるとしたわけだ。ちなみに、これは類型論であると同時に、libidoというエネルギーの向かう方向性なので、力動論の一種ともみなすらしい。



【関連研究】

■人格理論

 ユングの内向性−外向性理論から向性検査(その人の性格傾向だね)なんかが生まれている。無意識の世界がうんたら〜…と、いう話は、心理学ではあまり取り扱われないらしい。ま、当たり前か。あれは神話学だ。



50音順インデックスへ   系統別インデックスへ   年表へ