サイトTOP本館TOPコンテンツTOP

  応用心理学 系統図 


心理学、と、ひとくちに言っても、様々な分野がある。
ここでは、心理学の各分野がどのように連結されているのかを簡単に表示してみよう。



┏━━ 哲学(すべての学問の基礎) ━━━━━━ ━━┓
   ┃       ┃  
┏━━ ━┳━ 社会科学 心理学 自然科学━┳━━━┓
   ┃ ┃   ┃  ┃   ┃
教育学
社会学
人類学
精神物理学および━
パーソナリティ心理学 

生物学
 ┃
科学
 ┃
 物理学
  ┃
(生物学)
 ┃
教育心理学  ┗━ ┃━┛ 医学的心理学    ┗┳━┛   ┣━━━━━ ━━┛
社会心理学
カウンセリングおよび
     臨床心理学 
生理学的心理学
比較心理学
 実験心理学
  ┃
  ┃
┏━ ━━┳━━ ━━━━╋━━━━ ━┓



数学
政治心理学 民族心理学 宣伝および世論 リーダーシップ 応用実験心理学

精神測定学 ━━┳━━━━ ━━┫
   ┃    ┃
職業心理学 商業心理学 産業心理学 軍事心理学

…えー、結局、ちょっとゴチャゴチャした図になってしまった。
色の変わっているのが、「応用心理学」と呼ばれる分野だ。この分野は、心理学というより、心理学から独立した一個の科学分野として成り立っている。実生活に応用されていくジャンルで、基礎心理学(黒字の部分)を元にして成り立っていることは勿論だが、応用心理学での研究結果をふまえて、基礎心理学が発展することもある。
しかし、どのみち、応用心理学をやるには基礎心理学から入らなきゃならんのは、みな同じ。たとえば、民族心理学をやりたければ、社会学と民族学のスキルを獲得し、社会心理学をマスターしなければならない。ドラ●エの転職システムと同じなのだ!^^;




Indexへ戻る