TOP

月曜日

火曜日

水曜日

木曜日

金曜日

土曜日

日曜日


七色解説

*********

外へ出る

説----



 朱鷺色鴇色、時色とも。
 本当の意味での”朱鷺色”は、日本の空からトキが失われてしまった時代に、
 既に死んでしまっているのかもしれない。


 おみなえし女郎花。
 平安以降の配色の基本形式、”重色目”における色合わせのひとつで、使用される季節は秋。黄色と緑。

 【空五倍子うつぶし。
 木に出来る虫コブを裂いて取り出した虫を絞ってつくる、喪服の色。渋茶。
 桜の皮染めと同じく、今では科学染料に追われて失われつつある。

 
 本来こう呼ばれるべきは、雌のカワセミの羽根の色です

 
 この場合は月白。月全体の白ではなく、その周りに出来る光の白のことです。

 梔子色
 「口無し」とかけて、”謂わぬ色”とも。クチナシから作られる黄色で、見た目は卵色と変わらない。

 【鴉の濡れ羽色】
 真っ黒でとても綺麗です。