サイトTOP別館TOPコンテンツTOP

ラーゼフォン―時間調律師

徳間デュアル文庫  神林 長平 (著)


どうやらアニメもあるみたいですが、小説はオリジナルテイストで書かれているようです。
エジプトネタだっていうので、小説だけ借りて読んでみたんですが…SF小説ですねえ。「平行宇宙」とか「無数に存在する自分が」とか言い出しても抵抗無い方のみ読破可能。細かいことは気にするな、と。
小説貸してくれた人から、「アニメ版は今さらなエヴ○ンゲリオンだが小説と映画はイイ」…らしい、と聞いたンですが、私はアニメ版の設定も、ストーリーも、人物関係も全く分かってない状態で、いきなり小説から入りました。

 「MU」って、結局なんですか…? (←いきなり根本)

エ○ァンゲリオン、ってことは「マルドゥーク機関」みたいなもん? そこのボスがセト?
細かい設定も何もなく、小説版はダイジェストでどんどんストーリーが進むので、エジプト神話に関係した設定しか、理解出来なかったですよ^^; 「テラ(軍隊の名前らしい。ゼーレみたいなものか?)」「フォルテシモ(敵の名称、使徒みたいなものか?)」などの正体についても、サッパリ。
ラーゼフォンが、人型で、頭部に羽根の生えた、要するにエヴァみたいな乗り物で、フォルテシモなどの敵と戦ってるらしいこと、主人公がそれと【合体】して、乱れた時間の流れを正そうとしてるらしいことは…辛うじて分かるかな〜っていうくらいのレベル。

ただ、うまいなぁと思ったのは、ホルスである主人公の名前「村瀬 明」が、MU-RA-SE⇒RA-MU-SE⇒RA-MU-SESS(ラムセス)="ラーが生み出せしもの"になっていて、「明」が日と月、つまりホルスの両目をあらわすものとなっている…と、いう設定。これはよく考えてるなと。
乱れた時間を正すのがホルス、というのも、ホルス神の翼が時空を越えられるもので、ホルス自身、少年であり、青年であり、老人でもある、という神話の設定を生かしたものになっていて、納得できる。

他にも、イシスがイシェト、オシリスがウシルという古代エジプト語名で登場したり、死んだ人間の体から湧き出すラーゼフォンの上で旋律をかなでるイシスの服が、古代エジプトでの女性の所有色、「黄色」だというところなど、マニアックな神話ネタが随所にちりばめられています。
SF的な設定に拒絶反応を起こさず、かつ、敵の正体など細かいところさえツッコまなければ、エジプト神話ファンにも、それなりに楽しい作品ではないかと。

個人的に笑えたのが、ネフティスの現代での職業が…「場末の酒場の女店主」だったこともあった、って…ところ、かな。

 …あと、ちょっと残念だったのは、トト神が出てこなかったこと…。
 時間、音楽とくればトトさんの専門分野では。アニメ版では出てくるんでしょか?


*******

 [後日・談]

TV版ラーゼフォン、休日にバンダイチャンネルでイッキ見してみました(笑)

やあ、よく出来た作品でしたよ。それなりに面白かった。ただ…このテの、テーマが重く、なおかつ複雑な作品の弱点として、続けてイッキ見しているにも関わらず話のスジが読めないというのが。
結局、最後まで「MU」と「バーベム財団」の意味が分かりませんでした。彼ら何者? あと主人公の腹にあった、アテン神によく似たアザ。あのアザが結局、何を意味してたのかも不明だったし。公式の設定も読んだけど理解デキナカタヨ。

…あとはですね、軍はあるのに、何故か軍として機能していなかったり、印象薄かったりで、個々のキャラクターが強烈すぎて組織が全く目立たないという状況で、背景の描き方がちょっと不親切かな。とか。
根本的な問題として、この話の筋でいくんなら、何もラーゼフォンはロボット型じゃなくても良かったんじゃないの? ってなのが私の意見です。ロボットなんか出すから、「エヴァンゲリオンに似てる」などと言われてしまうのですよ…。

 …主人公が自分の内側に閉じこもって自己完結して終わる作品と比べることが間違いではないかと。
 …とか言うと熱烈なエヴァファンに叱られそうだけど(笑)

全体の印象はエヴァのドン暗で見ててイライラする雰囲気とは全然違いますし、最終的にたどり着く「結末」は、エヴァとは正反対です。開かれた世界、未来への跳躍で完了。ま、エンディングがキレイにまとまってたのも、この作品に好印象を抱いた理由ですけど。ラーゼフォンの主人公の綾人くんは、前向きでイイ奴でした。

TV版はエジプト神話とはほとんど関係なし。
ゴーレムやらマヤ暦やら天使やら色々混じってて、…卵からの世界創造というとエストニア神話? とにかくいろんな神話ネタの垣間見える筑前煮状態の作品という印象。

ところで「ラーゼォン」TV版のあらすじ書きはヘタクソすぎます。(公式ページの)
あれ読んだだけじゃ、話が全然面白そうではないですし、文章的におかしいし、その回の重要なところに何も触れてないし、要約できてないっスよ^^; もうちょっと面白そうに書けばいいのに。

 やっぱりトトさん出てきませんでした。しくしく。


戻る