過去ログ入り口へ

タイトル 最古と最新のファラオの遺体って
記事No 2772
投稿日 : 2007/09/25(Tue) 20:34
投稿者 タニ
最近思ったのですけど、ファラオやその親族の遺体
(骨の一部などミイラに限らず)で一番古いのは誰のものなのでしょうか?
岡沢さんのサイトを読むと、クフ王の母のカノプス壷は発見されてい
るということですから、その中の内臓がファラオではないけど、王族
の遺体としては最古のものなのか?
逆に一番新しい遺体は誰のものなのか…

よくテレビで見るファラオの遺体って18、19王朝のものがほとんどですよね。
でも初期王朝や古王国時代、プトレマイオス王朝時代の王族の遺体
って未発見なのでしょうか?
ちょっと疑問に思いましたが、調べても分からない…

タイトル Re: 最古と最新のファラオの遺体って
記事No 2773
投稿日 : 2007/09/25(Tue) 23:40
投稿者 岡沢 秋
> 最近思ったのですけど、ファラオやその親族の遺体
> (骨の一部などミイラに限らず)で一番古いのは誰のものなのでしょうか?

…む、難しい質問来ました(汗
えーと…そのへんの資料が全然まとめ終わってない。すいませんゲーム作り終わったらファラオデータのまとめ更新、再開しますんで…。誰か…フォローミー。

> 岡沢さんのサイトを読むと、クフ王の母のカノプス壷は発見されてい
> るということですから、その中の内臓がファラオではないけど、王族
> の遺体としては最古のものなのか?

つぼに中身があったのかどうかをちゃんと調べてないのですが…うーん。古代の遺体ということなら、第一王朝のジェル王とか、ジェト王のあたりから見つかっていたかと。王族と特定されていたかどうか確認しないと、ですが、墓と、墓におさめられた人骨は見つかっていたはず。ミイラづくりの技術がまだ発達してないので、初期の頃は見つかっている遺体がミイラじゃなくて骨なんです…

こんなかんじで、埋葬の方法も新王国時代のポピュラーなのとは違います。(この方は王位を持っていたかどうか未確定の王族さん)
http://www.moonover.jp/bekkan/ooparts/stone_vessels.jpg

あと、初期の頃は、まだ、「王が死んだら家来も殉死」という風習があったので、墓の周りからはごっちゃり人骨が出土してます。

> 逆に一番新しい遺体は誰のものなのか…

…。
すいませんマケドニア王朝はあんま興味なくて、プトレマイオス家の資料がほとんどないすorz グレコ・ローマン時代もミイラは作っていたので、プトレマイオス家もどなたかミイラが見つかってそうですね。

> よくテレビで見るファラオの遺体って18、19王朝のものがほとんどですよね。
> でも初期王朝や古王国時代、プトレマイオス王朝時代の王族の遺体って未発見なのでしょうか?

未発見ではないんですが、まず状態が悪い。っていうのがあるかと。ホネですから…。

ミイラづくりの技術は、最初、砂漠で死んだ人が自然にミイラ化したことから着想されたといわれています。

最初期は、試行錯誤のため天日干しにしたり、塩漬けにしたりしていたので、遺体が干物みたいなことになってます… ぼろぼろになった塩漬けの遺体の顔に、しっくいでつくった仮面みたいなのを被せて整えてあったりする。(ミイラマスクの原型かもしれない)

ミイラづくりの技術が飛躍的に発達していく時代、葬祭の儀礼は複雑化し、墓も巨大になっていきます。ピラミッド時代に入ると、墓がでかすぎ、収められた副葬品も豪華すぎるゆえに、盗掘されてほとんど残っていない状態に。

で、しょうがないので墓は隠すことにしよう。と、新王国時代には墓は王家の谷に地味ーに作られることになる。ただし、それでも盗掘の危険性はあった。

今お目にかかることの出来る第18・19王朝の王族のみなさんも、実際は自分の墓からも使ったわけではなく、いちど盗掘されたか、盗掘される可能性があったため、ミイラだけ別の隠し場所に移されていたんですね。(それが王家の隠し場所、ロイヤル・カシェ) なので、隠し場所でまとめて見つかっています。

てなわけで、大まかにまとめると

・初期の王朝の遺骸は保存技術がイマイチなので状態が悪くて見せられない

・ピラミッド時代の遺骸は墓が派手すぎてきれいに盗掘or改装されたかもしれないけど場所がわからない

・第二中間期〜新王国時代の遺骸は隠し場所でまとめて発見されたので沢山

て、ことなんだと思います。

タイトル Re^2: 最古と最新のファラオの遺体って
記事No 2775
投稿日 : 2007/09/26(Wed) 00:41
投稿者 タニ
おー、早速のお返事ありがとうございます。
以下、駄文ごめん(汗

> …む、難しい質問来ました(汗
> えーと…そのへんの資料が全然まとめ終わってない。すいませんゲーム作り終わったらファラオデータのまとめ更新、再開しますんで…。誰か…フォローミー。

更新ぜひともお願いします。
ハトシェプスト女王のミイラ発見とか更新すること沢山ありそうです
ね。
岡沢さんのサイトはよくまとまっているのでとても参考になります。

> つぼに中身があったのかどうかをちゃんと調べてないのですが…うーん。古代の遺体ということなら、第一王朝のジェル王とか、ジェト王のあたりから見つかっていたかと。
(中略)
> こんなかんじで、埋葬の方法も新王国時代のポピュラーなのとは違います。(この方は王位を持っていたかどうか未確定の王族さん)
>http://www.moonover.jp/bekkan/ooparts/stone_vessels.jpg

なるほど。
第一王朝時代といえば、ジンジャーというあだ名の民間人のミイラく
らいしか知らなかったのですが、第一王朝の墳墓からも遺骨が発見さ
れてるんですか。これはとても興味深い話です。
初期王朝や古王国時代の墳墓が発見されているという話はあっても、
中の遺体や副葬品について説明しているサイトや本って見ないんです
よ。
ですからこの話はとても興味深いです。

> あと、初期の頃は、まだ、「王が死んだら家来も殉死」という風習があったので、墓の周りからはごっちゃり人骨が出土してます。

ほほお。
殉死のことは知ってましたが、ちゃんと人骨という証拠があるのです
ね。

> すいませんマケドニア王朝はあんま興味なくて、プトレマイオス家の資料がほとんどないすorz グレコ・ローマン時代もミイラは作っていたので、プトレマイオス家もどなたかミイラが見つかってそうですね。

やっぱクレオパトラ7世が発見されてほしい。
でも当時の戦乱を考えると、そもそもミイラにされたのか不明っぽい。

> てなわけで、大まかにまとめると
>
> ・初期の王朝の遺骸は保存技術がイマイチなので状態が悪くて見せられない
>
> ・ピラミッド時代の遺骸は墓が派手すぎてきれいに盗掘or改装されたかもしれないけど場所がわからない
>
> ・第二中間期〜新王国時代の遺骸は隠し場所でまとめて発見されたので沢山
>
> て、ことなんだと思います。

なるほど。
ロイヤル・カシェは最近知りました。
新王国の皆さんがそこに集まってたと知ったときは驚きでした。
マンガに出てくる古代エジプトはピラミッド時代から1000年後の新王
国時代の王朝ですから、その影響が大きくて。
新王国時代のミイラや棺のイメージを初期王朝時代や古王国時代にそ
のまま当てはめないほうがよさそうですね。
ファラオの名称もずいぶん後になってからできましたし。
今後、古王国時代の王の遺体や副葬品が発見されるとしても、ツタン
カーメンのものとはかなりイメージが違いそうです。

タイトル Re^3: 最古と最新のファラオの遺体って
記事No 2776
投稿日 : 2007/09/26(Wed) 17:27
投稿者 Johannes.C-7
横レス失礼します。

>> 岡沢さんのサイトを読むと、クフ王の母のカノプス壷は発見されてい
>> るということですから、その中の内臓がファラオではないけど、王族
>> の遺体としては最古のものなのか?
> つぼに中身があったのかどうかをちゃんと調べてないのですが…うーん。
ヘテプヘレス王妃のカノポス壷には中身が残っていたようです。
「内蔵の壷がちゃんと4つ入っており、うち3つはまだナトロンの溶液に浮かんでいた」と『古代エジプト探検百科』(ニコラス・リーヴス著、岡村圭訳/原書房/2002)にありました。
また、『ファラオ歴代誌』ピーター・クレイトン著、藤沢邦子訳/創元社/1999)によれば、これがミイラ作りの過程で内蔵の抜き取りが行なわれたことが分かる最古の例となっている由。

プトレマイオス朝あたりは私も食指が動かず、よってあまり知識がないので判りません……。

タイトル 探してみた。
記事No 2780
投稿日 : 2007/09/30(Sun) 01:33
投稿者 岡沢 秋
第一王朝の、判明している限り第一代目の王、ホル・アハのお墓の発掘についての記録…

http://www.nyu.edu/nyutoday/archives/17/11/PageOneStories/archaelogy.html

殉葬の人数をカウントしてるくらいなので、王墓と周囲の殉死者の墓は略奪はされていなかったんだと思う。ただ、王の遺体そのものが発見されているのかどうかは、まだ見れてないorz 探せばどこかに墓の平面図とかあると思うんで、それ見れば遺体があったかどうか分かるはず。

…それにしても写真見る限り、ミイラっていうか、まだ「骨」ですね、この時代だと。

ついでなのですが、
砂漠に埋められた遺体は腐らずに干物になるのに対し、丁寧な埋葬をしようとして棺などに入れれば、自然の状態ではなくなってしまったため、高貴な人ほど遺体が損傷しているんだそうです…

砂に直接接していれば天然ミイラになるけど、木の棺に入れたり、地下の湿気がわきだす空間に安置したりすることが逆に遺体の保存には悪い。じやあどうすればいいか? と、そこから人工的なミイラの技術が発達しだす。で内蔵を取り出したという最古の物証は第三王朝でした。ただしこちらはカノポス壷の破片のみ。中身入りは、やはりヘテプヘレス王妃が最初みたいです。

タイトル Re: 探してみた。
記事No 2781
投稿日 : 2007/10/03(Wed) 00:32
投稿者 タニ
さらにレスが。
Johannes.C-7さん、岡沢さんほんと感謝です。

岡沢さんの紹介記事を読んでみました。
アハ王って第1王朝の2代目くらいの王ですよね。
それでもうこんなに見つかってるとは。この様子だと王の遺体もありそうです。
記事によると、人間やロバの骨が発見されたこと、文字がかなり使われていること、それまでの王墓(ナルメル王の?)と比べて墳墓が豪華になっているみたいです。まさにアハ王の代で王の権力が大きくなった証です。

初期王朝時代や古王国時代は神話と歴史が共存していた時代だから、その時代の遺跡にはとても興味があります。
新王国時代より建造物が地味だからこそ、逆に神秘性を感じます。

Johannes.C-7さんが紹介した、ヘテプヘレス王妃のカノプス壷の中身がナトロン液に残っていたというのもすごいです。4500年以上も液が枯渇せずに保存されていたとは。

発掘リーダーのオコナーさん、いろいろ業績を上げています。
初期王朝時代の遺跡は思ったよりも発見されているみたいです。

http://www.nyu.edu/gsas/dept/fineart/ifa/faculty/oconnor.htm



過去ログ入り口へ