過去ログ入り口へ

タイトル 王子と結婚したワルキューレ
記事No 2657
投稿日 : 2007/06/28(Thu) 18:14
投稿者 show1222
はじめまして。show1222と申します。

20年ぐらい前の事に、ゲームの影響でワルキューレについて調べた事がありました。

ブリュンヒルデ等の存在や北欧神話の存在を知り、もっと詳しく知りたいと思ったので、地元の図書館で百科事典を調べていたら、ワルキューレと結婚をした王子様の話がありました。

そのワルキューレの名は確か、「アルビット」といって、湖のほとりにいた所を王子様に見初められ、結婚したのですが、生活に飽きてどこかに行ってしまったと言う話でした。

久々に、その名前を思い出したのでネットで検索をしても見つからず、ワルキューレの名前リストにもありませんでした。

もう20年近く前の話でしたが、辞書で調べた名前は「ワルキューレ」か「ヴァルキリー」だったと思います。

この名前についてどなたか知っていますか?

タイトル 多分アルヴィトです
記事No 2658
投稿日 : 2007/06/28(Thu) 21:05
投稿者 岡沢 秋
いらっしゃいまし。

> 20年ぐらい前の事に、ゲームの影響でワルキューレについて調べた事がありました。

…あれですか、「ワルキューレの冒険」ですか(笑)
ファミコンでしたっけ確か。

> そのワルキューレの名は確か、「アルビット」といって、湖のほとりにいた所を王子様に見初められ、結婚したのですが、生活に飽きてどこかに行ってしまったと言う話でした。

ワルキューレとヴァルキリーは同じものを英語読みするかドイツ語読みするかの違いですよ。

お探しのつれない戦乙女は、ヴェルンドの最初の妻、アルヴィース(All wize、つまり全知って意味の名前)のことですね多分…。神話の原型ではヴェルンドは巨人の三人兄弟の長男で、妖精の王とも言われることがあるんで、まあ… いちおう王子でも遠くはない…。

アルヴィースたち3人のヴァルキュリアを捕まえてそれぞれ結婚。しかし彼女たちは「やっぱり戦場が恋しい」と、去っていってしまう。
北欧神話では巨人や小人ってのは特殊な能力を持つもので、ヴェルンドは鍛冶屋さん。
妻がいつか戻ってくると信じて、彼はたくさんの装飾品を作って目立つよう木に吊り下げておくのですが、そんなことするから悪い王様に目をつけられてしまいとッ捕まって…

と、話は長いのですが、アルヴィースたち戦乙女のみなさんは結局戻ってこず、そこから続く長い物語にも一切出てきません。

アルヴィースって名前は北欧神話関連の本にたくさん出てくる(同名なだけの別人)ので、おきをつけて。
また、神話のバリエーションはかなりあります。
エッダの「ヴェルンドの歌」と、シドレクス・サガのヴェルンド伝説は内容が若干違ってたりしますんで…。

タイトル Re: 多分アルヴィトです
記事No 2659
投稿日 : 2007/06/29(Fri) 11:45
投稿者 show1222
おはようございます。

早速のご返答、有難うございました!

調べても、その名前が出てこないので、あの文献はなんだったんだろう?
と気になっていましたので、スーッとしました。
説明を聞くと、結構、切ない話なんですね。
早速、頂いた情報を元にちょっと、調べてみます。

ところで、このサイトの神話の要約等を読ませていただいておりますが、スゴイ突込みどころ満載な話が多いですね。
また、そこに突っ込んでいる管理者様が面白かったのと、解説が非常に面白いです。

まだまだ読んでいない所もあるので、今後も楽しく読ませていただきます。

有難うございました。また、お聞きするかもしれませんが、その時はよろしくお願い申し上げます。

>ゲームは仰るとおりです(笑)

タイトル Re^2: 多分アルヴィトです
記事No 2660
投稿日 : 2007/06/29(Fri) 23:03
投稿者 岡沢 秋
> と気になっていましたので、スーッとしました。

それはヨカッタ。

> 説明を聞くと、結構、切ない話なんですね。

ですねえ。
北欧神話は基本的にハッピーエンドが珍しいくらいです。多少、茶化さないと切なすぎて読めない話も多い。何しろ神々も全滅する予定ですし… 子供用の本だと、たぶん、かなりぼかして書いてくれているんだと思います。

> まだまだ読んでいない所もあるので、今後も楽しく読ませていただきます。

あい。適当にお楽しみくださいー。



過去ログ入り口へ