過去ログ入り口へ

タイトル 中世ヨーロッパの本
記事No 2408
投稿日 : 2006/07/31(Mon) 09:15
投稿者
はじめまして。
管理人様の書く楽しい文と詳細な知識に魅せられ、ここにはちょくちょく通わせていただいております。
エジプトの旅行記は、笑いすぎて隣に居た友人に不審がられました(学校で見ていたもので…)

質問があります。
日記で中世ヨーロッパの暮らしを記した本を読んだ、と書いてありましたよね。
実は私、貴族の爵位制度がよくわからなくて、調べるために本を図書館などで探しているのですが、爵位について言及してある本が見当たりません。
管理人様の読んだ本には、爵位のことが書いてましたか?
もし書いてあったら、その書名を教えて欲しいです。

長々と失礼致しました。

タイトル Re: 中世ヨーロッパの本
記事No 2409
投稿日 : 2006/07/31(Mon) 21:17
投稿者 岡沢 秋
ども、いらっしゃいませ。

学校・会社での閲覧は危険ですよ!
エロサイトではないですが時々とんでもないページがあります!

> 質問があります。
> 日記で中世ヨーロッパの暮らしを記した本を読んだ、と書いてありましたよね。

あい。
あれは白水社の「名著リクエスト復刊02'」シリーズの一冊、「中世への旅 都市と庶民」でし。中世好きなら「中世への旅 騎士と城」と二冊セットで揃えておくべきバイブル書です。

「騎士と城」は12-13世紀、騎士文化華やかなりし時代の文化や騎士たちの生活。
「都市と庶民」は騎士文化の没落が始まり、文化の担い手が都市に住む庶民たちに移ってきた14-15世紀あたりの庶民生活を説明してくれます。

で、

> 実は私、貴族の爵位制度がよくわからなくて、調べるために本を図書館などで探しているのですが、爵位について言及してある本が見当たりません。
> 管理人様の読んだ本には、爵位のことが書いてましたか?

…上記二冊の概略のとおりです。
騎士文化華やかなりし時代は、いわば、まだ戦国時代。封建制度はきちんと確立されてません。なので今知られているような細かい爵位はないのです。

その後、文化の中心が庶民に移ってしまったので、その頃もまだ細かい爵位というものはないです。(=地域により、発展途上の爵位はありました)

おそらく、現代の日本人が想像する「騎士の称号」とか「爵位」とかいうものは、中世後期のイングランドで発達したアレでしょう。女王様が、ビートルズや、Windows売ってる会社の会長にあげてる、アレですね(笑)

> もし書いてあったら、その書名を教えて欲しいです。

と、いうわけで、爵位の資料ははイギリスの騎士史を探されるがよろしかろう。


***

余談ですが…

物語に出てくるようなカコイイ騎士さんは、戦国時代にしかいないんです(笑) 日本でもカコイイ武将は戦国時代にしかいないのと同じこと。
で、世の中が不穏な戦国時代は、城も防衛優先でそんな立派じゃないし、生活より戦闘を基本に考えて作られてます。ベルばらみたく、着飾ったお姫様もいません。

世の中がそこそこ平和になってくると、騎士の皆さんも着飾ったり装飾だらけで実戦に向かない武器を持ったりするようになり、豪華な宮殿建てる余裕も出てきます。まぁ、そうした中で実力主義、武力優先というのがなくなって、爵位制度みたいなもんに繋がったんじゃないかと。

かなり大雑把な纏め方ですが…。

タイトル Re^2: 中世ヨーロッパの本
記事No 2410
投稿日 : 2006/08/01(Tue) 12:15
投稿者
回答ありがとうございました。

なるほど、イギリスで発達したものだったんですね!
主にフランスの爵位が知りたいばっかりに、フランス関連の本ばかり調べてたんですが、道理で詳しく載ってないはずですよね。

書名も教えていただき、感謝です。
調べたらうちの学校の図書館にあるそうなので^^;、早速借りに行って来ようと思います。

平和になって来たから、爵位につながったんですね。
私は今まで爵位を持ってる人=領主だと思ってたんですが、それだけでなくなかなか奥が深そうですね。
イギリスの騎士史も当たってみることにします。



過去ログ入り口へ