記事タイトル:豪族と貴族 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 水田   
豪族は、
 秦漢時代から台頭してきた大土地所有者で、それぞれの地方で経済・社会・軍事の実権を
掌握したものをさします。特に、前漢時代に大土地所有が進み、後漢時代に勢力をふるいま
した。前漢武帝に始まる「郷挙里選」では、地方豪族の子弟ばかりが推薦され、官職を独占
しました。

貴族は、
 魏晋南北朝時代に上級官職を「世襲的に」独占するようになった家系のものをさします。
魏の文帝が始めた「九品中正」の制度のもとで、豪族子弟が上品を独占する状況が続き、貴
族社会を成立させることになりました。

貴族をより理解するために…
「今日、私たちが貴族ということばでよんでいる魏晋南北朝・隋唐時代の支配階級は、当時
の用語でいえば…「望族」「郡望」である。…漢帝国の権威が地に墜ちたあと、どのような
権威が混沌たる社会を支えていくか、そうした課題を己の人格性において担ったのが、貴族
階級である。」
「そのときどきの政権としては、新しく形成される社会的思想的な力を取り込むことによっ
て、国家の基礎を固め、正当性を獲得していきたいという願望がある。曹操時代から西晋の
成立に至る政治過程は、政権が貴族階級をその内部に引き入れていくプロセスとして概括す
ることができる」
        谷川道雄『世界帝国の形成』(講談社現代新書、1977)より

「貴族」理解のキーワードとして、「世襲性」「人格性」「権力の正当性」をあげたいと思
います。

                    以上です。

お名前: 住んだ異性   
中国の豪族と貴族(できれば士大夫も)の違いの理解があやふやです。官吏任用制度をからめて教えてください

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る