保健室

ひょんなことから、いろんなフルートの重さを計ってみることになりました。他の方々からの情報も集まっておもしろかったので、まとめておきます。ただし、計量した人や使用したはかりの違い、オプションの有無などから、正確とは言い切れない部分もありますが。

※新たな情報、訂正などお待ちしております。
あなたの楽器も体重測定してみませんか?測定結果をお知らせいただければ、資料として掲載いたします。(キッチン・スケールでOK!)
メーカー、モデル名、リング・キイかカバードか、オプションの有無等、詳しい情報もあるとうれしいです。

 

では、まずムラマツのものを並べてみましょう。

メーカー モデル名 材質 リング/カバード
C管/H足部管
その他 重量 情報提供者
ムラマツ 頭部管・管体銀、キイ洋銀 インラインRC 1964年または1965年製作 380g 笛吹童子さん
ムラマツ M−60 頭部管銀、本体洋銀 CC   393g モモコ
ムラマツ M−100 頭部・管体銀、キイ洋白 *C   375g Teddyさん
ムラマツ EX 洋銀 CC   415g mapleさん
ムラマツ スタンダード 総銀 CC   408g tsurakutenさん
ムラマツ AD 総銀 CC   418g mutsukiさん
ムラマツ AD 総銀 インラインRC オプションなし 452g ひまわりさん
ムラマツ AD 総銀 RC   429g いんでぃさん
ムラマツ AD 総銀 CC オフセット、オプションなし 428g PENさん
ムラマツ AD 総銀 オフセットRC Eメカ、旧パッド 445g PENさん
ムラマツ AD 総銀 RC オプションなし、新パッド 440g mapleさん
ムラマツ AD 総銀 インラインRH オプションなし、新パッド 480g PENさん
ムラマツ AD 総銀、改18Kメッキ RH 管厚0.35o 450g 慎ちゃん
ムラマツ DN 総銀 インラインRC オプションなし 416g MKさん
ムラマツ SR 総銀 オフセットRC

オフセットRH

旧パッド、ヒンジ付きEメカ付き 450g

485g

PENさん
ムラマツ SR 総銀 インラインRH Eメカ

500g

PENさん
ムラマツ SR 総銀 インラインRH オプションなし 490g いさじさん
ムラマツ SR 総銀 インラインRH Eメカ 500g ちばっちさん
ムラマツ SR 総銀・プラチナメッキ RH 管厚ヘビー、Eメカなし 527g ちばえぬさん
ムラマツ PTP 銀・プラチナメッキ RC   440g tsurakutenさん
ムラマツ PTP 銀・プラチナメッキ RC   443g あつこさん
ムラマツ PTP 銀・プラチナメッキ RC 新パッド 459g ≡刀ふえ♪≡さん
ムラマツ PTP 銀・プラチナメッキ CC Eメカ付、Es/Dローラー装着 475g 吉田さん
ムラマツ PTP(ヘビー) 銀・プラチナメッキ RH Eメカ付、インライン、G/Aトリルキー 566.2g あきーらさん
ムラマツ SR/PTP 銀・プラチナメッキ RH C#トリルキー付 530.6g あきーらさん
ムラマツ SR/PTP 銀・プラチナメッキ オフセットRH 管厚ヘビー、C#トリルキー、Eメカ付 565.2g あきーらさん
ムラマツ 9K 9K、メカニズム銀 オフセットRC Eメカ付 411g モモコ
ムラマツ 9K 9K、メカニズム銀 RH Eメカ付 492g meno mossoさん
ムラマツ 14K 14K、メカニズム銀 インラインRC オプションなし、旧タンポ 410g PENさん
ムラマツ 18K 18K、メカニズム銀に金メッキ RH Eメカ付 525g たかえさん

洋銀のものは軽く、総銀はやや重い。プラチナ・メッキはもっと重いですね。9Kは、ずいぶん軽い気がしたのですが、ADとそれほどかわりませんでした。でも、さすがに18Kは重い!新パッドシステムは、どうも旧パッドより重そうです。金属板を使っているらしいです。

 

【検証!新パッドシステムは、本当に重いのか!?】

2006年6月、9KのH足部管を買ったのを機に、本体も新パッドに交換することにしました。(H足GETのいきさつについては、お蔵の「H足GET大作戦」参照)パッド交換の前後で重量を測り、検証です。

  頭部管 胴部管 C足部管 H足部管 合計
旧パッド 78g 250g 75g * 403g
新パッド 266g 82g * 426g
* 114g 458g

↑と数値が違いますねえ・・・はかりも違うし、測り方も違うので、すいません。しかし!新パッド、明らかに重いです。合計すると、旧パッドとは23g、H足にすると55gも違います。やや重くなった代わりに、こころなしか頼もしい音が出るような気はしますが。

 

次、サンキョウにいきます。

メーカー モデル名 材質 リング/カバード
C管/H足部管
その他 重量 情報提供者
サンキョウ エチュード 洋銀、頭部管銀 CC 純正サンキョウパッド、ニューEメカ 395g misuzuさん
サンキョウ エチュード・CS 真鍮 *C #15333、管厚0.5mm、オプションなし 400g Sonoreさん
サンキョウ エチュード 洋銀、頭部管銀 CC   411g いんでぃさん
サンキョウ シルバーソニック キイ洋白
古いタイプのものを銀メッキ
RC オプションなし 391g Teddyさん
サンキョウ アーティスト 総銀
頭部管18Kゴールドライザー
RH オフセットリングキー 470g 雪恵さん
サンキョウ セミハンドメイド 総銀、銀メッキ RC 引き上げトーンホール、Eメカなし、オリジナルタンポ、頭部管をスタンダードからNRS−1(ライザー18金)に入れ替えても重量は同じ 426g あべまりあさん
サンキョウ セミハンドメイド 総銀 RC タンポはムラマツ新パッド、メカニズムなし 435g misuzuさん
サンキョウ セミハンドメイド 総銀 CC ソルダードトーンホール 450g kyon♪さんご友人
サンキョウ セミハンドメイド 総銀 RH   460g デッチさん
サンキョウ ハンドメイド・CS

主管:洋銀、トーンホール・ライザー&リップ・キーメカ:銀製

*C #36636、管厚0.4mm、C#トリルキー付き、左手補助板&右手ボタン付き、Aisレバーなし,Eメカなし 460g Sonoreさん
サンキョウ ハンドメイド RC 管厚0.48mmのヘビー 477g meno mossoさん
サンキョウ ピュアシルバー 純度99.8%の総銀 CC 頭部管RS−1 450g kyon♪さん
サンキョウ 5K 5K CC   475g kyon♪さんご友人
サンキョウ セミハンドメイド 本体10K、メカニズム銀 RC 頭部管FT (フラット) 427g たまこさん
サンキョウ セミハンドメイド 本体14K、メカニズム銀 RC オプションなし 410g ぴよさん師匠
サンキョウ ハンドメイド14K-3 管体14K
キー銀、銀メッキ仕上げ
RH オフセットリングキー 505g 雪恵さん

サンキョウは、全体的にやや重めでしょうか。5Kも、けっこうあるではないですか!

 

アルタスもいきましょう!

メーカー モデル名 材質 リング/カバード
C管/H足部管
その他 重量 情報提供者
アルタス PS 純度99.7%の銀 RC オプションなし 440g Piyo☆さん
アルタス AL 総銀製 RH   465g mutsukiさん
アルタス GPT−R プラチナメッキ、キイ金メッキ RC オプションなし 435g mapleさん
アルタス GPT プラチナメッキ、キイ金メッキ RC オプションなし 443g Teddyさん

 

ヤマハです。

メーカー モデル名 材質 リング/カバード
C管/H足部管
その他 重量 情報提供者
ヤマハ 221U 白銅、銀メッキ
頭部管は洋銀、銀メッキ
CC 通常頭部管

U字管

420g

425g

PENさん
ヤマハ 311 頭部管のみ銀 *C   405g mutsukiさん
ヤマハ 411 管体銀、キイは洋銀銀メッキ CC Eメカ付 414g あべまりあさん
ヤマハ 681U 総銀 RC Eメカ等オプションなし 427g ちばっちさん
ヤマハ 711H 総銀 CH Eメカ付 452g ちばえぬさん
ヤマハ 871 総銀製 *C   446g HOGARAKAさん

懐かしいニッカンも・・・モデル名がYFLってところがビミョ〜ですが。

ニッカン YFL-31 頭部管銀、本体洋銀 CC Eメカ付 423g ひまわりさん

 

パウエルもいきますよ!

メーカー モデル名 材質 リング/カバード
C管/H足部管
その他 重量 情報提供者
パウエル カスタム・ハンドメイド インラインRH 管厚0.35mm、1968年製 423g 笛吹童子さん
パウエル   ハンドメイド銀管 インラインリングH オプションなし 440g いさじさん
パウエル   銀、ライザー・リップ14K RH  

ラファンの頭部管(Synphony)に代えると

467g

473g

meno mossoさん
パウエル   菅体14K
キーメカ・トーンホール銀
RH オプションなし 470g いえもとさん
パウエル   管体・ポスト・台座14K
キーメカ銀
RH   475g meno mossoさん
パウエル ALL14K 14K RH #10070、ギズモキーなし、リップ&キーカップに彫刻入り、Eメカなしキーは特注品でリングサイズ8ミリ(通常サイズより1ミリ程度大きい) 523g maestroさん

 

他のメーカーのものも、比較してください。

メーカー モデル名 材質 リング/カバード
C管/H足部管
その他 重量 情報提供者
ミヤザワ PCM−300R PCM合金 RC オプションなし 374g ちばっちさん
ミヤザワ WeinStageU 本体:銀、キー:洋銀
リップ&ライザー:9K
RC   400g ユイさん
ミヤザワ WeinStageAZ

本体・キー;銀、リップ&ライザー・クラウン・接続リング:9K

RC クラウンに彫刻、リングは12面カット 430g ユイさん
ミヤザワ タイプU特注 総銀・ゴールドプレート CH ソルダード、調整ネジつき、カップキー、
GAトリルキーリング12面カット(5箇所)、トーンホールアンダーカット
498g nebosukeさん
パール Maesta(50周年記念モデル) 管体14K、キーメカ銀 RC   407g meno mossoさん
パール Opera 管体・ポスト・台座14K
キーメカ10K
RH Eメカ 492g meno mossoさん
マスターズ シルバー925 総銀/スターリングシルバー CC #49 436g なおこさん
HAYNES   総銀、ハンドメイド RH ソルダードトーンホール、オプションなし 421g ひまわりさん
KING   総銀・24Kメッキ CC   440g ≡刀ふえ♪≡さん
Couesnon

モノポール - モイーズモデル

マイショウ洋銀 管厚0.45mm *C #34034、ハンドメイド、ソルダードトーンホール・ただしハンダ付けではなくロウ付け 472g Sonoreさん
アームストロング   管体銀、キー&ヘッドキャップ洋銀 CC Eメカなし 435g 恵愛(ふいあい)さん

ヨハネス・ハンミッヒ

  総銀 CC Eメカ、Es/Desローラー付 484g Akikoさん
J.Michael  FL-420SPO-H 洋白・リップのみ銀 RH Eメカなし 444g ちばえぬさん
ブランネン  

菅体19.5K、キーメカ・トーンホール・バレル・リング・リッププレートなど14K

 RH オプションなし 570g いえもとさん
G.R.Uebel 116 本体:アルミ合金、頭部管&キー:洋銀、リップ:樹脂 CC Es/Desローラー付 533g Toraさん

 Uebelの画像。管体が分厚くて、いかにも重そうです。

 

H足はさすがに重い!しかし、上には上がある。総銀・C管でこの重さは横綱級です!(つるたさん?のHPに画像あり。)

セルマー 総銀PA 総銀 CC   510g つるたさん?

つるたさん?のものが最高記録かと思いきや、新たな資料が入りました。

Hammerschmidt Kingson 総銀 CC Eメカ、G-Aトリル、Gトリルレバー、Es/Desローラー付 570g Toraさん

反対に、総銀でこの軽さにご注目!Gary LewisというメーカーのものでHPもあります。詳しくはそちらをご覧ください。

ギャリー・ルイス ハンドメイド 総銀、リッププレートのみ18K インラインRH  胴部管・足部管一体型、頭部管管厚0.225mm、胴部管足部管管厚0.3mm 327g 笛吹童子さん

木管も重いです。

メーカー モデル名 材質 リング/カバード
C管/H足部管
その他 重量 情報提供者
ルイロット   木管   コニカルボア、440Hz、1886製作
(画像参照)
398g taogaさん
P.ハンミッヒ   木管 R*   519g  
P.ハンミッヒ 660/1 木管 CC Eメカ、G♯トリルキー付き 560g Teddyさん
B.ハンミッヒ   木管     565g taogaさん

トラヴェルソは、どうでしょう?
・オトテール商会 エコ・トラベルソbP(ハードメイプル)・・・210g ※つるたさん?
・GA Rottenburgh (柘植 European Boxwood、フォン・ヒューネ von Huene)・・・249g ※Teddyさん
・キャメロン ロッテンブルグ・・・258g ※いんでぃさん
・GA Rottenburgh(柘植、RodCameron)・・・264g ※MKさん
・フォン・フューネ グレンザー(A=440)・・・253g ※いんでぃさん
・フォン・フューネ グレンザー(A=415)・・・267g ※いんでぃさん
・J Denner(柘植、Rudolf Tutz)・・・266g
・W Beukers(柘植、Simon Polak)・・・274g ※MKさん
・C Palanca(グレナディラ、Folkers and Powell)・・・346g ※MKさん
・古典フルート(5キー)チブビル・・・349g ※いんでぃさん
・Stanesby Jr (ABS樹脂、Aulos AF-3)・・・348g ※いんでぃさん
・Stanesby Jr (ABS樹脂、Aulos AF-3)・・・351g  ※Teddyさん
・Stanesby Jr (ABS樹脂、Aulos AF-3)・・・352g  ※MKさん
トラヴェルソは、案外軽いんですねえ。中でも、アウロスのプラスチック製(別名プラヴェルソ、もしくは蛍光灯)の健闘が目立ちます。

でも、キイが増えると当然重くなりますね。19世紀後半の12鍵の古典フルート、チェコ製です。
J.Lipy (頭部管)、 J.Vocasek(それ以外)木製・・・540g ※くまくらさん
   ☆補助のキイが一つ紛失しているので、実際はあと15gぐらい重いかもというお話です。

番外編、ピッコロも計ってみました。
・ヤマハ・YPC30(洋銀製)・・・150g ※Yujiさん
・ヤマハ・YPC62・・・161g
・ヤマハ(モデル不明)・・・167g ※mutsukiさん
・ヤマハ・YPC81・・・170g ※いんでぃさん
P.ハンミッヒ(モデル不明、650/3?)・・・162g ※あつこさん
・P.ハンミッヒ・650/3・・・165g
 ※mapleさん
・P.ハンミッヒ(モデル不明、多分650/3でしょう)・・・166g ※なおこさん
・P.ハンミッヒ・650/4・・・183g
・JGハンミッヒ・750/3・・・173g
・ブランネンブラザーズ(コーカスウッド、厚管)・・・153g ※kyon♪さん
・ロイ・シーマン・・・179g ※なおこさん
・パウエル(キングウッド、メカニズム9K)・・・170g ※なおこさん
・ゼントナー・・・170g ※kyon♪さんご友人
・バーカート・B&P(Eメカなし)・・・166g ※あべまりあさん
・バーカート・B&P(Eメカ付)・・・171g ※あつこさん  Eメカは5gなんでしょうか?
・セルマー・PC200・・・160g ※雪恵さん
・サンキョウ・P201N・・・150g ※雪恵さん
・メーカー不明(ハープのマークとEsの文字、頭部管象牙、Des管)・・・116g ※taogaさん(画像参照)
・マスターズ・MPC-8N(管体:グラナディア、メカニズム:銀)・・・178g

話題のチューンナップ前後のデータもあります。
・ヤマハ・YPC62・・・160g
・チューンナップ版・・・160.5g(Nomata版、コルク一部フェルト付け替え、頭部管NW) ※イトミさん
チューンナップしても、重量はほとんどかわらないところにご注目です。mapleさんのハンミッヒも、チューンナップ後の重量は、変化なしでした。

さらに特別番外編です。
・バスフルート、ヤマハYFL−B411・・・1180g ※慎ちゃん
・バスフルート、古田土製、Type II (銀管)H足部管(標準)Eメカ付・・・1403g ※あきーらさん
長さはC管の倍ぐらいですが、重さは倍以上あるんですねえ!!!

・Gフルート(Gピッコロというべきか?)・・・228g ※taogaさん
「後宮からの逃走」用特注品、大きさが比較できるよう普通の足部管が一緒にうつっています(画像参照)

スペシャル・ゲストもお迎えしております。
・Hall・クリスタル製フルート・・・56g ※≡刀ふえ♪≡さん
・Hall・クリスタル製ピッコロ・・・38g ※≡刀ふえ♪≡さん
・アイリッシュフルート(ってどんなの?)・・・410g ※mutsukiさん でも、すごく重い感じがするそうです。
・オーボエ/マリゴ・フルオート・・・710g(除リード) ※mapleさん

金製フルートのデータも、もっとほしいなあ・・・ちなみにパユ様のもの(ブランネン・クーパー、総14K製、H管、頭部管はD.シェリダン14K)は600〜700gあるそうです。  ※という話は、私の記憶では、うんと昔の「徹子の部屋」にパユ氏が出演したときに聞いた内容なのですが、ブランネン社の公表するところでは、14Kフルートは17.2ozt=487.62gなのだそうです。(2011.8現在)

【参考画像:まるさん提供】

左から
Piccolo 上:ホルスト・フォイクト 下:Ph.ハンミッヒ(FluteMastersチューンナップ化)

Flute ブランネン=クーパー 銀、フルートマスターズ 14K(メカ銀・金メッキ)
    ヨハネス=ハンミッヒ 銀、サンキョウ 5K(メカ銀)

Alto 下倉楽器 マルカートモデル

Bass 下倉楽器 マルカートモデル

  ※微妙な色合いやデザインの違いが、分かるでしょうか?

私笛トップへ